家族を卒業します。 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480037183

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「母のいる場所」と共にに古本屋で購入。

    母が老人ホームに入る前後の数年間の日常を綴ったエッセイ。

    介護のエピソードとともに、
    著書の息子が不登校になり高校を中退、
    その後大検を経て大学に入り、
    自立していくまでの過程が描かれている。

    エッセイなのでルポよりは軽いが、
    いろいろ考えされられる1冊。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1947年生まれ。ノンフィクション作家。『フイリッピーナを愛した男たち』(文藝春秋)で第21回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。主な著書に『母のいる場所――シルバーヴィラ向山物語』(文藝春秋)、『シクスティーズの日々』(朝日新聞社)、など。両親の介護歴20年。現在、花げし舎を主宰し、編集&取材チームを率いている。

「2018年 『100歳時代の新しい介護哲学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

久田恵の作品

家族を卒業します。 (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×