三国志演義〈1〉 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.82
  • (15)
  • (7)
  • (12)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 96
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480037312

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第12回までで挫折

  • 頭に入れながら読めば面白い それは分かっているんだけど、同じ姓の人が多いのと登場退場ペースが早いのとで混乱。
    それでも語り口は読みやすいし、登場人物も生き生きと描かれている。

    それにしても、みんながみんな面白いほど裏切り寝返っていくなあ。

  • 次世代スターの共演とでも言いましょうか…登場人物、何人いたかな。

  • 支那の元代から明にかけて成立したといわれる三国志。
    本書は十七世紀清代の「毛宗本」を翻訳したもの。
    三国志演技はは明代の「嘉靖本」が有名だが、毛宗本はこれを基にしている。

    後漢末期の混乱とともに、キラ星の如く登場する次世代を担う英雄たちが登場するのが第一巻。

    劉備・関羽・張飛と董卓、呂布、曹操、孫堅。

    この巻の主役は、呂布と曹操。
    養父丁原を裏切り、董卓のもとへ馳せ参じた呂布。
    漢王朝の混乱に乗じて強力な支配体制をしく董卓と、超人的な強さを誇る呂布という組み合わせは、天下無敵。

    とにかく呂布の強さは凄い。
    どんな強い勇者であっても、彼の進軍を止めることができない。
    五合も槍あわせをしたかと思えば、大抵突き殺されてしまう。
    まさに天下無双の豪傑!


    この呂布を従え、天下無敵の覇者となった董卓に、たった独りで挑むのが、曹操だ。
    「やつを刺し殺したならば、死んでも怨みはありません」

    七宝刀を片手に董卓のところへ乗り込むが、暗殺は失敗。
    曹操は逃亡者の身となって落ちてゆく。

    その途中、誤って人を殺してしまい、友人に窘められるのだが、
    曹操は自信をもって言い放つ。

    「私が天下の人を裏切ろうとも、天下の人に私を裏切るような真似はさせぬ」

    曹操の天下に号令せんとする気概が輝きを放つ第一巻であった。

  • 「借」(大学の図書館)
    ずっと読まないできたので借りて読んだ。
    結構面白くて、今まで読まなかったことに後悔。
    ただ、登場人物多すぎてたまに混乱する。

  • 残念ながら文字間隔とか読む以前にあわなかった

  • 「国のために」という言葉はだれのために?

  • 読みやすい三國志。
    とりあえず入るならこれをおすすめします。

  • 2009/07 購入。

  • 学生時代の読書の醍醐味に、長編の名作小説にチャレンジすることがある・・・はず。中国ものでいえば、まずは『三国志演義』。他にも、『水滸伝』『西遊記』もあなたを待っていますよ。
    また、ユーゴー『レ・ミゼラブル』やデュマ『モンテクリスト伯』なんかも、チャレンジしがいがあり、オススメです。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1944年、富山県生まれ。1966年、京都大学文学部卒業。1972年、同大学大学院博士課程修了。金沢大学教授、国際日本文化研究センター教授を経て、同名誉教授。専門は中国文学。

「2019年 『「三国志」の知恵』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井波律子の作品

三国志演義〈1〉 (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする