上方落語 桂米朝コレクション〈3〉愛憎模様 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.65
  • (4)
  • (3)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480037831

作品紹介・あらすじ

人間国宝・桂米朝演じる上方落語の世界。第三巻は、「愛憎模様」。渦巻く愛蔵、とまらぬ色気。人間というものの濃さ、面白さが炸裂する。けれどもそこは落語、時代に練られて生き残ってきたかろみを兼ね備えたものを、本人による口上を添えて、堪能していただく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人間国宝・桂米朝演じる上方落語の世界。第三巻は、「愛憎模様」。渦巻く愛蔵、とまらぬ色気。人間というものの濃さ、面白さが炸裂する。けれどもそこは落語、時代に練られて生き残ってきたかろみを兼ね備えたものを、本人による口上を添えて、堪能していただく。
    (2002年)
    — 目次 —
    たちぎれ線香
    崇徳院
    三枚起請
    持参金
    肝つぶし
    植木屋娘
    菊江仏壇
    かわり目
    故郷へ錦
    茶漬間男
    いもりの黒焼
    口合小町

  • 米朝師匠の高座を、語り口のままにまとめられており、手軽に人間国宝の高座を見ているようだった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

桂 米朝(かつら・べいちょう)落語家。本名・中川清。1925(大正14)年11月6日、満州大連生まれ、兵庫県姫路市育ち。1943(昭和18)年、作家・寄席文化研究家の正岡容に師事。1947(昭和22)年、四代目桂米団治に入門、三代目桂米朝を名乗る。戦後、衰退の一途にあった上方落語の復興に尽力。途絶えていた数多くの噺を再構成して復活させ、多数の弟子を育て、サンケイホールをはじめ全国各地での独演会を成功・定着させた。上方落語四天王の一人にして中興の祖。文化勲章、重要無形文化財保持者(人間国宝)、文化功労者、紫綬褒章など受章・顕彰多数。著書『米朝上方落語選(正・続)』(立風書房)、『上方落語ノート(1~4集)』(青蛙房)、『桂米朝集成(1~4巻)』(岩波書店)など。

「2013年 『米朝落語全集 増補改訂版 第一巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桂米朝の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×