風邪の効用 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.78
  • (60)
  • (69)
  • (81)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 787
レビュー : 90
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480038074

作品紹介・あらすじ

風邪は自然の健康法である。風邪は治すべきものではない、経過するものであると主張する著者は、自然な経過を乱しさえしなければ、風邪をひいた後は、あたかも蛇が脱皮するように新鮮な体になると説く。本書は、「闘病」という言葉に象徴される現代の病気に対する考え方を一変させる。風邪を通して、人間の心や生き方を見つめた野口晴哉の名著。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「整体協会」創設者の講演をまとめたもので、「風邪は治すべきものではない、経過するものである」という主張をまとめたもの。
    基本は整体にまつわる講演なので、前著の「整体入門」を読んでからの方がちゃんと理解できるのでしょう。書店で何となく本著のタイトルに惹かれて読んだだけなので私は読んでいないのですが、頚椎3番とか胸椎5番とかの語が出てきて「あぁ、そういう本だったのか」という感じでした。
    なお、調べてみたら奥様が近衛文麿の娘さん、やんごとなき雰囲気が…。

    確かに「風邪の効用」についての本で、風邪は身体からのサインであって、薬で無理やり治すのは良くない。うまく経過させることで、身体の偏って疲労した部分が直ると。
    現代の西洋医学の範疇とは全く違いますが、まぁこれはこれであるんだろうか、という印象。ちゃんと実践するには整体入門から始めないといけませんが。。本著前半の「背骨で呼吸する」とか後半の「後頭部を温める」とかなら多少とっつきやすそうか。
    ただの推測ではありますが、「背骨で呼吸する」というのも、息を背中に通そうと意識するとどうしても背筋が伸びてくるので、姿勢をただすと良くなるってコトもあるのかな、と思いました。
    また、「頭の発想が停滞した時には肘を温めると良くなります」というのは「まじか!」という感じ。今度やってみようかしら。

    ボリュームは軽めで読みやすいので、考え方を少し取り入れるという意味では読んでみても良いのかも。

  • 冒頭「風邪についてお話ししようと思います。」
    末尾「そして息は相手より長く静かに保つことが大切です。」

    何人かの知識人が薦める野口晴哉。この新型コロナウイルスで世界中がパニックになってるこの時期にあえて読んでみた。

    読んだ感想は東洋医学の本だなって感じ。どこそこの椎体を整えると泌尿器が治るとか風邪が治るとか。どれだけ一般的なのかなーと。

    自分が一応、科学や西洋医学をかじっているためか、正直すんなり受け入れらないことが多かった。決して西洋医学が全てだと思っているわけではないんだけど。

    すっかり万物の真理を極めた、みたいな口調が怪しく映るのかな。なんていうか、新興宗教とか同じように思えてしまった。がんも治るとか書いてあって、さすがにちょっと笑った。

    まあ、現代に生きる我々はこの本に書いてあることだけですべてが治るとは思わずに、ただ各自で自分の体の特徴を理解したうえで生活したり病気を予防することは大切だと思うので、そのあたりを参考にしたらいいんじゃないかなと思う。また、自分(現代医学)と全く違う思想に触れるというのも頭のストレッチみたいな効果があると思うから、そういう意味でも面白いかもしれない。読書の効用。

    この人が現代の新型コロナウイルスを見たらなんていうのかなって気になった。

  • 再読。胸骨の何番…とか言われてもわからないけど、それでも読んでいると風邪の対応法、間違えて自分でこじらせているんだなぁ…とわかる。足湯、脚湯、それぞれの季節の風邪、風邪の種類が参考になった。風邪さえ引けない鈍い体になっているので、日々自分の体を大事にしないといけないと思った。



    ●雲のない空ような天心が必要なのです。=200ページ=
    ●きっとよくなるという信念でも邪魔なのです。=201ページ=


    すごいなぁ~と思う。子供の風邪の経過の仕方がかなり勉強になった。冬の風邪の季節に試してみよう。

  • 雑誌の特集で見かけて気になったので購入するも、長らく積んでおいた本。蔵書のカテゴリは「哲学」になっていました。これのどこが「哲学」なのかと思って読んでみると、意外にも風邪というものの本質に迫っていく内容、すなわち一種の「哲学」と呼べるものになっていたのです。

    本質に迫るという意味では風邪にとどまらず、そもそも「治療」とは何なのか、ということについて斬新な見方を提示しています。

    "だから風邪の経過を本当に考えるとなると、やはり体だけではなくて、その人の深層心理の動きといいますか、私の病気を安く見積って失礼しちゃうなどという、その奥の心も見なければならない"(P.48)

    "本当は癌なども風邪を引くと良くなるし、血管硬化でも風邪を引くと柔らかになるのだから、風邪の上手な引き方を考えるほうが本当である。風邪を治すと言って「何くそ」などと気張るのは風邪の引き方としては最低で、そうやって風邪を育てている場合が少なくない"(P.109)

    初出が書いていないので正確なことは分かりませんが、おそらく整体に取り組んでいる方、および施術者向けの講義録だと思われます。そのため、ある程度整体に知識がある人向けのマニアックな背骨のお話が中心になっています。しかし、それでも本書には整体に興味のない方をも惹きつける魅力があると思います。

  • 風邪はとおりすぎるもの

  • 秋から冬にかけて、妙に売れるこの本。気になっていた。
    読んでみた。 
    風邪に対する考え方が変わった。 ”無理に”治すのでなく、上手く”経過”させる。 この考え方は新鮮だった。
    1962年に初出の文章ゆえの雰囲気がなんだかいい。

  • 風邪を否定するのではなく肯定的に捉え直すことのできる一冊。風邪ばかりでなく、風邪の効用すら肯定的に捉えることができるのだから、色々と応用可能で、独自の価値観に触れることができる。こういう時期だからこそ読んでおきたかったタイトルで、まさにその通りの一冊。読んで損なし。

  • 1962年刊行の書籍。西洋医学一辺倒の今日だからこそ東洋医学的な視点は新鮮かつ有意義。

    整体の視点から見た風邪。風邪をひくのは体のどこかに歪みがあるから、そこだけ修正すれば自然に治癒するという考え方。頚椎と腰椎な何番といった整体の知識を前提としているようだが、専門的な部分を飛ばし読みすれば普通に楽しめる作品。

    病気になると薬だ、手術だというのが今の一般的な治療の概念。本書ではひたすら人の持つ自然治癒力を活かすことを主張している。

    風邪をひくのは体のどこかに歪みがあるから。それを風邪を機に修正すれば大病はないという。そこまで極端ではないかもしれないが、確かにどこか体に負担があるから風邪をひく。どこか体のマイナス面に気づけば早期に修正ができるという考え。

    今の世は病気になるととにかく薬と手術だというのが当たり前。だがどんな病や怪我でも人の持つ自然の治癒力が大前提。その部分が疎かな風潮があるように思う。新型コロナウイルスも、結局自然の治癒力のある壮年の人は回復し、それ以外の既往症のある人や高齢者が重症化しているのだろう。感染後に自分の治癒力で回復した人も報道されないだけで多数いるはず。

    西洋医学一辺倒の今日だからこそ本書のような東洋医学の視点は新鮮かつ有意義であろう。

  • 風邪をひくことに対して前向きな考え方ができるようになった。

  • 日本の「整体協会」の創始者による「整体の観点でのカゼの治し方」。60年近く前に書かれた本なので科学的・医学的には「?」な部分もあるかもしれませんが、まだ解明されていない人体の不思議はもっとあるのだと思います。60年前に「心のカゼ」としてうつ病などの精神障害を取り上げている点は慧眼なんだと思いました。
    続きはこちら↓
    https://flying-bookjunkie.blogspot.com/2020/01/blog-post_22.html
    Amazon↓
    https://amzn.to/2TKbM50

全90件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

「社団法人整体協会」創設者。1911(明治44)年東京生まれ。17歳で「自然健康保持会」を設立。整体操法制定委員会を設立し、療術界で中心的役割を果たす。しかし治療を捨て、1956(昭和31)年文部省体育局より認可を受け「社団法人整体協会」を設立し、整体法に立脚した体育的教育活動に専念する。1976(昭和51)年没。主な著書に本書のほか、『整体入門』(ちくま文庫)、『体癖1、2』『育児の本』『躾の時期』(株式会社全生社発行)等がある。

「2013年 『体癖』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野口晴哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高岡 英夫
エンリケ・バリオ...
有効な右矢印 無効な右矢印

風邪の効用 (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×