志ん朝の落語〈4〉粗忽奇天烈 (ちくま文庫)

制作 : 京須偕充 
  • 筑摩書房
3.84
  • (7)
  • (2)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (465ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480038746

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 朝日新聞で紹介していた本である。

  • 2003-12-00

  • (御慶、百川、大山詣り、碁どろ、真田小僧、代脈、堀の内、野晒し、小言幸兵衛、妾馬、化物使い、四段目、粗忽の使者)
    すきこそものの上手なれ。
    被害にあわなきゃそれもよしです。真田小僧は六文銭♪

  • 思い込みで畳み掛けるように語る噺がいい。幸兵衛、化け物使いの隠居、四段目の定吉など。妾馬は泣ける。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1938年、東京生まれ。落語家。父は五代目古今亭志ん生、兄は十代目金原亭馬生。57年初高座。落語家としてはもちろん、俳優としても活躍。齋藤明氏との共著に『志ん朝の風流入門』がある。

「2011年 『世の中ついでに生きてたい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古今亭志ん朝の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×