青白い炎 (ちくま文庫)

制作 : Vladimir Vladimirovich Nabokov  富士川 義之 
  • 筑摩書房
3.50
  • (1)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (542ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480038814

作品紹介・あらすじ

ジョン・フランシス・シェイド(1898‐1959)は、架空の詩人だ。その詩人の999行からなる長大な瞑想詩『青白い炎』を本文に掲げ、序文と注釈と索引を付して、研究書の体裁を整えるのは、これまた架空の人物、キンボート。彼は詩人の隣人でもあり、ロシア文学の教授でもあるのだが、実は狂人?…。彼の施す長大な注釈からはサスペンスが横溢。これは一体また何という注釈だろう!二つの異質なエクリチュールを配することで、合わせ鏡の迷宮にも似た不思議な文学空間の現出に成功、読者を唖然とさせた、ナボコフ円熟期の実験小説の傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 悔しいが読めなかった。これまで海外文学は原文じゃないと派には真っ向から対立してきたが、こと詩に限ってはどうしても翻訳でも原語でも、母語でないからか機微を読み取れない。詩は物語と違って、外的なインプットではなく内的なものの想起の装置なんだろう。そのスイッチは口惜しいことに母語にしか対応していないようだった。

  • 読みたい本。

    老詩人が残した999行の詩を探る研究者。
    詩も含めすべて架空の産物。

    そういうタイプのは好きだ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ウラジーミル・ナボコフ(Владимир Набоков, Vladimir Nabokov)
1899年4月22日 - 1977年7月2日
帝政ロシアで生まれ、ヨーロッパとアメリカで活動した作家・詩人。文学史上、亡命文学の代表者とされることもある。昆虫学者としての活動・業績も存する。
ロシア貴族として生まれたが、ロシア革命後の1919年に西欧へ亡命。ケンブリッジ大学に入学し、動物学やフランス語を専攻。大学卒業後にベルリンで家族と合流して文筆や教師などの仕事を始める。パリを経て1940年に渡米、1945年にアメリカに帰化。1959年にスイスに移住し、そこで生涯を閉じた。
ロシア時代から詩作を開始。ベルリン、パリにおいて「シーリン」の筆名でロシア語の小説を発表して評価を受ける。パリ時代の終わりから英語による小説執筆を始めた。渡米後も英語で創作活動を続け、詩・戯曲・評伝を記すだけでなく翻訳にも関わった。
代表作に、少女に対する性愛を描いた小説『ロリータ』。映画化され、名声に寄与した。ほかに『賜物』、『セバスチャン・ナイトの真実の生涯』、『青白い炎』、自伝『記憶よ、語れ』。

青白い炎 (ちくま文庫)のその他の作品

青白い炎 (岩波文庫) 文庫 青白い炎 (岩波文庫) ウラジーミル・ナボコフ

ウラジーミル・ナボコフの作品

ツイートする