沈黙博物館 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.67
  • (99)
  • (133)
  • (218)
  • (15)
  • (1)
本棚登録 : 1144
レビュー : 113
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480039637

作品紹介・あらすじ

耳縮小手術専用メス、シロイワバイソンの毛皮、切り取られた乳首…「私が求めたのは、その肉体が間違いなく存在しておったという証拠を、最も生々しく、最も忠実に記憶する品なのだ」-老婆に雇われ村を訪れた若い博物館技師が死者たちの形見を盗み集める。形見たちが語る物語とは?村で頻発する殺人事件の犯人は?記憶の奥深くに語りかける忘れられない物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ある小さな町の老婆に依頼され、
    形見の博物館を作る事になった博物館技師。

    様々な人の様々な生き方を見て、知って、
    生を感じれるというか…
    もう、どちらが生きてどちらが死んでいるのか
    分からなくなってくる。
    死者も形見を通して生きていると強く思える。

  • 博物館技師の青年は、ある依頼を受けて小さな村を訪れます。
    その依頼とは「形見の博物館を創ること」。
    依頼主の指示を受け、技師は形見の整理や保存、収集など、博物館オープンに向けた準備をはじめるのです・・・。

    読んでいる最中、ほどよい緊張感が持続していました。
    形見という、死者の生きた証を扱う博物館がテーマだったからかもしれません。
    それとも、村で起こる連続殺人事件のスリルからでしょうか?
    物語がどう進むのか、どんな結末を迎えるのかが予想できず、ある種の怖いもの見たさのような力に押されてページをめくっていました。

    小川さんの物語、独特のなまめかしさにドキドキさせられます。
    物の輪郭の描写やちょっとした感触の描写。
    艶やかでも、ざらついていても。
    はっとするほどの美しさでも、思わず眉をひそめてしまう汚さでも。
    小川さんの文章では、それらが登場人物の魅力となり、時にはとてもセクシーに感じられるのです。

  • 幻想的な長編小説。「博士の愛した数式」以来、小川洋子の長編はあまり読んでこなかったのだけれど、すごく良かった。

    博物館技師の「僕」が訪れた幻想的な村。そこで「僕」は形見を陳列する「沈黙博物館」を作ることになる。形見を収集してきた「老婆」と、その娘だという「少女」、屋敷に代々仕えている「庭師」と「家政婦」とともに…。

    相変わらず身体の表現、触感の鋭さが際立つ。老婆の皺とそこにたまる垢、昔一部を切除された歪な耳。少女のまつ毛や指先。体のパーツ一つ一つを慈しむように丁寧に表現する。
    村の伝統や仕来り、不思議な涙祭りや、沈黙の伝道師、卵細工、森や屋敷の様子も、目の前に浮かんできそうなほど繊細。
    そして、博物館技師がいかに博物館を愛してきたか、老婆がいかに形見に思いを注いでいたか、その奥深さ。

    長さを感じさせない、読みやすく儚い小説でした。
    途中で、ホラー?サスペンス?な雰囲気になりつつ、グレーエンド、というよりはセピア色の落ち着いた幻想的なエンディングでした。

    彼は沈黙博物館に取り込まれてしまったのでしょうか…。
    今後博物館に行ったときの受け取り方が変わりそうです。

  • 小川洋子氏の小説の完成度は、村上春樹を遥かに超えている。
    なぜなら小川洋子氏の物語の世界は全て彼女の脳内であり、常に彼女が誰かになりすまし登場している。彼女の作品は彼女の心の中の核へと深く潜ることによってのみ完成されるからである。
    ただし、物語と同じように、その世界から抜け出せないし、物語は彼女の領域を超えて外へ羽ばたくことはない。のではないかと思う。

    かたや村上春樹の世界は彼の脳内で完結しない、なので本人の意思を超えた名作を書き上げる可能性はある。が、まだ書いてはいない。

  • 結構アッサリ終わったと思って2回目を読み始めると不思議だ!!いつのまのか出てきていた人達全員を、こんなにも好きになっていたなんて。
    出会ったばかりが懐かしく、出会い始めの老婆の意味不明の言葉も、今の私には理解ができる。あぁ、またみんなに会える・・・
    小川さんの不思議な力はここだ。いつのまにか誰もかれも大好きにさせられてしまうのだ!
    なぜか読んでる途中ではあまり気づかないのだけども、だから飛び飛びに読んでも読み返しの必要がなくスッと入れるんだ!
    形見1つ1つの物語はほんの半ページのものから4ページのものまで本当にいろいろな話がある。重みのある老婆が話すからか、なぜか凄みがあり、読んでいる最中はそんなにも気に留めていないのに一度聞いたら全然忘れないくらいに、心に入り込んでくるのだ。

    しかし、警察の主人公への疑いは晴れないまま・・・ってか刃の照合を全部調べればバレるし、博物館に来れば、決定的証拠が飾ってあるし。
    いくら沈黙の伝道師に話せばずっとバレないといわれていたとしても、それってただのジンクスでしょ?だ、大丈夫なの?それ??

    老婆というはなんとも魅力的なキャラだ。この人が発する言葉全てがナゾを解くカギのように、物語のヒントのように、大切でちゃんと聞き取らねばならないと思わす力がある。だから私は老婆が大好きだ!だから、大好きだった老婆がアッサリと死んでいったのがすごく寂しかった。
    主人公が帰らずに引き継いでくれたのはすごく嬉しかったけど、じゃあ主人公のあとは、そのあとは・・・また誰かが引き継いでくれるんだろうか。
    沈黙博物館とは不思議な世界だなぁ。必要なのか不必要なのかたまにわからなくなるな・・・。
    現実なのかパラレルなのかもわからなくなるくらいに、不思議が混在している。
    耳の大きさや野球チームに爆弾魔。なき祭りに、シロイワバイソン・・・
    兄に手紙が届かなかったのははたして、兄がいないのかそれとも、主人公がいないのか、私にはどっちか解らない。

  • 生と死の世界があやふやになる。ここはどこなのか、季節はいつなのか、この人は生きているのか死んでいるのか。
    幻想的なのに生臭い。埃の香りまで感じるのに、浮遊しているかのように現実離れしている。まさに博物館。
    小川作品三作目、期待は裏切られませんでした。

    この本を手にとったときは、事情により「死」の傍にいたのに「死」を理解できず、半ば救いを求める形で小川さんの作る世界に惹かれたんだった。
    でもその直後、実生活がものすごいスピード感を持ち始めてしまって(仕事ゆえに)・・・どこか遠くで物語が終わってしまった感じが、悔やまれる。
    また、いつか、読み返そうと思います。
    ちなみに、堀江さんの解説まで含めて一つの作品だと思っています。
    アンネフランクの日記はそう活きるのですね、堀江さんの眼差しを通すと。その眼差しに相変わらず惚れる。

    私は、何を形見とされるのだろう。私は何によって、私だと語られるんだろう。
    考えてみたら、日々は死であふれているのに、死が存在しない時間なんて1秒たりともないはずなのに、
    死をとどめることは、とても非日常的なことなのだ。

  • 表紙のデザインが『クラフト・エヴィング商會』の吉田夫妻、小説が小川洋子、解説が堀江敏幸。この三つが揃った奇跡の一冊。
    博物館技師である「僕」がどこにでもありそうなちょっと寂れた町へ依頼を受けて出向き、依頼主から突飛な依頼を受けて、展示品を収集することになる。

    登場人物に名前はなく、「僕」は「技師さん」と呼ばれ、「少女」と「老婆」と「庭師」と「家政婦」がメインキャスト。
    この匿名性と、展示品が語りかけてくる異様なまでの存在感(個人としてのアイデンティティ)が、不思議なほど違和感なくスムーズにぼくを受け入れさせた。
    博物館建設予定地からほど遠いところに沈黙の伝道師と言われる修道士たちが暮らしていて、彼らは動物の毛皮を着込んで、いっさいの言葉にふれない生活をしている。
    彼らの存在がこの作品を詩的で隔世な雰囲気をかもす材料になっていて、小気味よい。

    展示品の収集とそれについて解説を清書する作業と、建築物ができていくさまを眺めること、それらを序盤は詳しく語っていき、基礎ができると、伝道師や庭師などにスポットがあたっていったり、野球や祭りなどの行事、イベントが挟まれており、テンポよく、飽きさせない。

    驚くほど、すがすがしい気持ちになれたのは、ぼくだけだろうか。

  • 小川洋子さんの静謐で美しい文章が、話の内容と組み合わさり、静かな不気味さとあたたかさを持った作品でした。博物館に集められていくモチーフはどれも少しぞっとするようなもので、それでもだんだんと収蔵物が増えるにつれて、博物館になっていく。沈黙の伝道師たちも印象的。こんな世界があればいいのにと思う。

  • 何かでお勧めされてた本。
    博物館というキーワードに惹かれて。

    誰も駅に降りないような村で、博物館を作りたいという依頼主に会うためにやって来た博物館技師の僕。
    未成熟な輝きを持つ少女と、どうみても親とは思えない位、年が離れた依頼主の老婆。
    そこから沈黙の博物館と称した、老婆が集めた形見の展示の準備から、村で起こった死人の形見の収集(窃盗…)まで行うことになる。

    読んでいくと、時々現れる不釣り合いなキーワードに意味があるのか考える。
    持参した親の形見のアンネの日記、兄から譲られた顕微鏡、沈黙の行を行う沈黙の伝道師の存在。
    人形劇やお祭りが娯楽の、へんぴな村っぽいのに、爆弾事件や猟奇的な殺人事件が起こったり、文化会館や観光用の土産屋があったり。

    博物館を設立するお金の出所はおろか、老婆の出自や登場人物の名前すら出てこない。
    老婆、少女、庭師、家政婦、そして技師さんこと僕。で構成されている。
    一人称なのになんだかよそよそしさを感じるのはこのせいか。

    ちょっと不穏だけど、幻想的で落ち着いた雰囲気で進む物語。何かを暗示しているようで、いまいち掴みきれない世界。
    なぜ殺人犯の容疑者に疑われつつ、僕は逃げ出せなかったのか(洗脳?)
    顕微鏡を形見としなければならない理由は?(社会との隔絶?)
    誰も訪れない沈黙の博物館の運営は?
    少女もまた老婆に見出だされた、博物館のための後継者なのか?

    連続殺人の犯人以外、分かりやすいところがなくてもやもやと考えた。
    最後の書評で、ホロコーストのくだりを読んだら、急に今までの話が繋がるようで、見方が変わる。
    もう一回読もうかな。

  • すごくしんとした気持ちになりました。
    爆弾事件と殺人事件のくだりは忘れていたので、こんなにミステリな作品だったっけ…と思いましたが好きです。
    沈黙の伝道師も好き。わたしもかれらにひっそりと語りたいです。
    遺品を展示する沈黙博物館、訪れてみたいです。
    わたしなら一体何を展示されるのだろう…。
    解説が、気になる堀江敏幸さんだったのも良かったです。この村はすでに命の無い人が住む場所、という視点は無かったので興味深く読みました。次に読むときは、このことを心に置いて読もうと思います。

全113件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小川 洋子(おがわ ようこ)
1962年、岡山県生まれ。高校時代に文芸を志し、早稲田大学第一文学部文芸専修入学。在学中から文芸賞に応募。卒業後一般企業に就職したが、1986年の結婚を機に退職、小説家の道に進む。
1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』読売文学賞、本屋大賞、2006年『ミーナの行進』谷崎潤一郎賞、2012年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞、2013年早稲田大学坪内逍遙大賞をそれぞれ受賞。芥川賞、太宰治賞、読売文学賞、河合隼雄物語賞などの選考委員を務める。
『博士の愛した数式』は映画化され、大ヒットとなった。受賞作以外の代表作として、『薬指の標本』『人質の朗読会』『猫を抱いて象と泳ぐ』。

沈黙博物館 (ちくま文庫)のその他の作品

沈黙博物館 単行本 沈黙博物館 小川洋子
沈黙博物館 (ちくま文庫) Kindle版 沈黙博物館 (ちくま文庫) 小川洋子

小川洋子の作品

沈黙博物館 (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする