「私」は脳のどこにいるのか (ちくまプリマーブックス)

著者 : 澤口俊之
  • 筑摩書房 (1997年10月発売)
2.20
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • 20人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062561457

作品紹介

自分の中に自分の知らない「私」がいる…「私は誰なのか」…もの静かな若い女性が偏頭痛が治らないといって精神科を訪れた。面接を重ねる精神科医の前で、彼女は突如、まったく別人格をもつ"もう一人の女"に変わった。この多重人格症患者の発病から治癒にいたるまでの凄絶な「心の病」との闘いの全記録を主治医が克明に描きだす。人が内面にもつ謎、心のからくりに鋭く迫る快著。

「私」は脳のどこにいるのか (ちくまプリマーブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「『私』は脳のどこにいるのか」澤口俊之

    心は脳の活動である
    自我は前頭連合野の活動である

    自我と呼ばれるものが活動しているときに脳内で何がおこっているか、ということは、少なくとも本書の主張するところで殆ど尽くされているように思う。
    しかし読みはじめたときの期待とは異なり、それですべてがすっきりする訳ではないのだった(当たり前だが)。
    むしろここで示されたことを誰もがわきまえるべき前提としつつ、その先の問題を考えなければならない。

    脳科学研究による解明は欠かせないものとして、同時に「私とはなにか」を社会学、心理学、哲学の知見で考え続けなければならない理由がある。理系/文系というすでに無用の二項対立に収束してしまうことなく、全体としての人間を考えていくべきなのだと思う。

    心と自我について積み上げられてきた2000年に及ぶ思索の営為にたいする敬意が欠けているような書きぶりなのも(信じるかどうかは別にして)気になった。

    これ以降の著書量産ぶりもすごいな…。

  • タイトルに惹かれて手に取りました。著者は北大助教授。その後北大を退職したようで、どうしたのかと思ったらセクハラ問題があったようですね。私は知りませんでしたが、現在よくTVに出ている方とのこと。そういえば見たことあるかも。

    本書を読んでいて、何か語り口が偉そうなのが気になっていましたが(科学者の方が書いた本でこう感じるのは珍しいです)、やはり人格に少々問題がある方なのかもしれませんね。内容はいまいちでした。

全2件中 1 - 2件を表示

澤口俊之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
マーク ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

「私」は脳のどこにいるのか (ちくまプリマーブックス)はこんな本です

ツイートする