貨幣とは何だろうか (ちくま新書)

著者 :
  • 筑摩書房
3.32
  • (5)
  • (8)
  • (19)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 155
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480056016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Fri, 27 Nov 2009

    貨幣とは何か? という問題を「経済学」とは関係のないところから
    論じようという本.

    現代思想ですな.

    実はこの本,僕の出身高校,京都のR高校(南じゃない方)にあって,何の因果か読んだ本だったのだ.
    そのときは,とにかく「こんなわかりにくい本があるのか!?」というコトが衝撃だった.

    本書は貨幣の社会哲学を標榜する.
    貨幣の社会哲学では,貨幣の経済的機能をろんじるのではなくて,人間にとっての貨幣の意味を考える.それは,貨幣を人間存在の根本条件から考察する.人間の根本条件とは死観念である.こうして貨幣と死の関係が問題になる.
    と言う.

    現代思想は嫌いじゃないし,特に構造主義は好きな方だ.

    読んでいくと,基本的には構造主義をベースにしつつ,モースの贈与論とからめているコトがよく分かる.
    あと,ジンメルという名前が良く出てくる.

    高校時代から一〇年以上たち,私の文系読書のスキルやベース知識も相当ついた今となっては,わかりにくさも,その質がちがってきた.

    本書では,貨幣の素材ではなく,貨幣形式を大切にする.
    貨幣が何で出来ているかは問題では無いという.

    それはそうだ. もはや貨幣が制度であること,そして信用というモノにより,価値がつけられていることは,むしろ経済学的な事実であろう.

    多分,著者はそれ以上のコトが言いたいのだ.
    狙いはモースの贈与論と絡ませる中で,贈与と死,そこに潜まれる情念を貨幣の中にねじこみ,さらに,人間にしかないものとしての 墓,贈与,貨幣,権力と死の概念を結びつけたかったのだろうが,
    その論理展開は,意外と不十分だ.

    むしろ,はじめから死の概念と貨幣の結合を前提として,そこの論理に時間を割いていない.
    中,二つの文学作品が「貨幣小説だ」として解説されるが,
    あまり本質を語るのに適確な内容とも思えなかった.

    面白い点も多かったので,あるが・・,
    五章は面白い.
    社会主義や共産主義的な左翼思想にみられる,貨幣淘汰主義を
    批判している.
    貨幣形式を廃してしまうと,貨幣による人間の支配はなくなるが,
    原理的には,人間を人間によって支配,管理するしかなくなり,
    直接的暴力へと発展してしまうのだ.
    その実現が,ソ連,中国の文化大革命などであると考えると,繋がる点もある.

    なぜ,左翼が暴力的になってしまうのか.
    理性・合理的計画というのが,直接的で退廃的な暴力に結びつきやすいところを,本書は解いているように思う.

    やはり,言語と貨幣は人間知能の生み出した二大シンボルシステムであろうと思う.

  • [ 内容 ]
    貨幣を経済学の封じこめから解き放ち、人間の根源的なあり方の条件から光をあてて考察する貨幣の社会哲学。
    世界の名作を“貨幣小説”として読むなど冒険的試みに満ちたスリリングな論考。
    貨幣を人間関係の結晶化と見、自由と秩序をつくりだす媒介者としての重要性を説く。
    貨幣なき空間は死とカオスと暴力の世界に変貌するからだ。
    貨幣への新たな視線を獲得することを学ぶための必読の書。
    人間の根源的なあり方の条件から光をあてて考察する貨幣の社会哲学。
    世界の名作を「貨幣小説」と読むなど貨幣への新たな視線を獲得するための冒険的論考。

    [ 目次 ]
    第1章 貨幣と死の表象
    第2章 関係の結晶化-ジンメルの『貨幣の哲学』
    第3章 貨幣と犠牲-ゲーテの『親和力』
    第4章 ほんものとにせもの-ジッドの『贋金つくり』
    第5章 文字と貨幣
    エピローグ-人間にとって貨幣とは何か

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

著者プロフィール

1942年岐阜県に生まれる。1970年京都大学経済学部大学院博士課程修了。元東京経済大学教授。2007年歿。著書『交易する人間』(2000、講談社)『清沢満之と哲学』(2004、岩波書店)『抗争する人間』(2005、講談社)『マルクス入門』(2005、筑摩書房)。訳書 ブルデュ『実践感覚』全2巻(共訳、1988/1990、みすず書房、新装版2001、新装版2018)アルチュセール他『資本論を読む』全3巻(1997、筑摩書房)マルクス『資本論』第1巻(共訳、2005、筑摩書房)ほか。

「2018年 『実践感覚 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

貨幣とは何だろうか (ちくま新書)のその他の作品

今村仁司の作品

ツイートする