貨幣とは何だろうか (ちくま新書)

著者 :
  • 筑摩書房
3.32
  • (5)
  • (8)
  • (19)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 155
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480056016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  積読状態になって3年くらいたちます。これまで3回くらい読破を試みました。けれど失敗。今回やっと読み切ることができました。
     とにかく、1章と2章でいつもつまずきます。
     そこで読んでうーんわからないという人には、次のように読むといいかもしれません。
     それは思い切って、1章は読まず、エピローグを読み終えてからにするということ。
     あとあと考えてみるに、1章にある、「貨幣は人間存在の根本条件である死の観念から発生する」という言葉がどうしても理解できなくて苦しんだように思われます。
     もちろん、そこは今村仁司。最後まで読むと、意味するところは分かるように書いてあります。
     邪道ではありますが、こういう読み方もありではないでしょうか?

  • 媒介形式としての貨幣、特に「死」(近代以降、文明社会から追放された観念)を制度化するものとしての貨幣について、ジンメルの思想、ゲーテやジッドの小説を例にとりながら、丁寧に分析。そのうえで貨幣のない世界が生み出すカオスを照射する。

    ちなみに、ジッドの『贋金づくり』について論じているが、そこで言われていることは、ジャン=ジョゼフ・グー(『言語の金使いたち』)のまるパクリ。参考文献に掲げてないのはどういうことだろう。

  • 高校生の頃、
    現代文の過去問演習で出題されていました。
    問題用に抜粋されている箇所がすごくおもしろくて
    そのまま図書館に行って借りて、
    受験勉強そっちのけで読みふけっていました。
    久しぶりに読んでみようかな。

  • 貨幣の交換活動から生まれる思考の可能性について教えてくれた一冊。
    おもしろいですよ。

著者プロフィール

1942年岐阜県に生まれる。1970年京都大学経済学部大学院博士課程修了。元東京経済大学教授。2007年歿。著書『交易する人間』(2000、講談社)『清沢満之と哲学』(2004、岩波書店)『抗争する人間』(2005、講談社)『マルクス入門』(2005、筑摩書房)。訳書 ブルデュ『実践感覚』全2巻(共訳、1988/1990、みすず書房、新装版2001、新装版2018)アルチュセール他『資本論を読む』全3巻(1997、筑摩書房)マルクス『資本論』第1巻(共訳、2005、筑摩書房)ほか。

「2018年 『実践感覚 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

貨幣とは何だろうか (ちくま新書)のその他の作品

今村仁司の作品

ツイートする