ニーチェ入門 (ちくま新書)

著者 :
  • 筑摩書房
3.60
  • (67)
  • (103)
  • (188)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 1233
レビュー : 96
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480056085

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 要点が簡潔にまとまっていて、とても形式として分かりやすい。あっというまに読めましたし。だけど、根本的なところが納得というか、共感できないな。普通に当たり前だとおもってしまうのだが

  • 請求記号 134.9/Ni

    原著をまるで読んでいないのに「分かりやすかった」というのも変な話ですが、ニーチェの思想・思考の変遷を丁寧に辿ってあり分かりやすいです。面白かった。

    さて...入門書を読んだだけでニーチェの思想について語るのもおこがましいですが、ふと思ったのは、キリスト教への批判というかキリスト教との対比を前提としなければ、ニーチェは自身の思想を語り始めることすらできなかったのだろうか、ということ。

    普遍的な価値について語ることと、普遍的な価値などないということに説明を費やすこととは、どちらもそういった結論に向けて自らが思う根拠をとうとうと述べ立てまくるという点で通じるところがあるように思える。

  • ニーチェ入門とタイトルにあるが、入門というほどやさしくなく、どちらかというと中級といった感じでした。内容は納得してしまえば、読み切れる内容で分かりやすかったです。何度か断念しましたが、他の作品で知識をつけたらゆっくりですが、読めました。

  • Good Bad 双方の根源的概念
    正義 悪

  • (個人的なメモ、途中)

    面白い。
    ニーチェもだけど、こんなにわかりやすくまとめられる著者すごい、偉い、賢い。

    ツァラトゥストラを買ってぱらっとしただだけで、
    ほぼニーチェを避けて通ってきたのが、なんでだか思い出した。
    そしてやはり、若い頃は読まなくてよかったかもしれない。

    自己中心であるとか、どうしてこういうattitude、考え方があるのだろう?と
    常々疑問だった塊がニーチェが照らした解読により溶ける。

    なるほど、ダメひげフリッツだの中2だの、と呼ばれるのもわからんでもない。
    現代日本ならただの2ちゃんねらーになってるだろうか?
    けれど、だめもココまできたら、ダメを超えて優秀な「超人」なのだ。
    なんでもとことんやる、できる人ってのは、その他大勢から抜きんでた「超人」なのだ。


    「反」の旗をかかげ、激しく思想ロックなのかなと思う。(当時)
    ロックのあるいまは、ロックが若者や人間のこういう気づきや衝動をなだめて、
    破滅しないかわりに安物で終わらせちゃってるのかもしれない。(ルサンチマンによる陳腐化ってやつか?)
    そういう意味で、当時の大人が揶揄したようにロックは悪魔の音楽だったのかなーとも思う。
    きらきらした生に死の息をふきかけるやさしい悪魔。
     まあ、ロックに限らず。
     若者に日々の慰めなんていらない。
     己と闘い続けないと、
     煌めきなんて、すぐに手のひらからこぼれてしまう。すぐに誰かに持っていかれてしまう。

  •  著者の「あとがき」にあるように、僕も学生の頃『ツァラトゥストラかく語りき』というタイトルの訳書を、

    ニーチェという名前につられて読んだことがある。「さっぱり理解できず」途中放棄である。ここからは

    著者とは違ってそのまま、今日まで手つかずであった。
     そして、本書の読後感は、「結び」で「一時期おびただしく現れたような難解じみた、持って回った言い回しをやめて、とにかくできるだけ明瞭にニーチェの主張を読者に示すということである」という著者の狙いは成功している。
     キリスト教、ヨーロッパ近代哲学の「真理」「道徳」観念の徹底的批判。「ルサンチマン」と「ニヒリズム」。すべての「価値の顛倒」と新しい「価値の創造」。原著に触れたら、多分まだよく理解できないとは思うが、今は少し分かったつもりでいよう。
     しかし、ビジネス界に身を置く自分からみると、ニーチェとは恐るべきパラダイムの変換を企んだ史上最高の「戦略プランナー」だと思わざるをえない。

  • 難解で読みごたえ十分。

    ニーチェの思想の根源が、過不足なく記述されている。

  • [ 内容 ]
    ルサンチマンの泥沼のなかで「神」や「超越的な真理」に逃避するのか、あるいは「永遠回帰」という「聖なる虚言」に賭け、自らの生を大いに肯定するのか?
    二十世紀思想最大の震源地ニーチェの核心を果敢につかみ、その可能性を来世紀に向けて大胆に提示する、危険なほどに刺激的な入門書。

    [ 目次 ]
    第1章 はじめのニーチェ(生涯;ショーペンハウアーとワーグナー;『悲劇の誕生』について;『反時代的考察』について)
    第2章 批判する獅子(キリスト教批判―『道徳の系譜』について;「道徳」とルサンチマン;「真理」について;ヨーロッパのニヒリズム)
    第3章 価値の顛倒(「超人」の思想;「永遠回帰」の思想)
    第4章 「力」の思想(徹底的認識論としての(認識論の破壊としての)「力への意志」 生理学としての「力への意志」 「価値」の根本理論としての「力への意志」 実存の規範としての「力への意志」)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 2010.7.18

全96件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1947年生まれ。哲学者。早稲田大学政治経済学部卒業。現在、早稲田大学国際教養学部教授。主な著書に、『プラトン入門』、『言語的思考へ』、『人間的自由の条件』、『完全解読 カント『純粋理性批判』』、『完全解読 フッサール『現象学の理念』』ほか多数。

「2017年 『ハイデガー入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ニーチェ入門 (ちくま新書)のその他の作品

竹田青嗣の作品

ツイートする