癒しの旅 ギリシア・エーゲ海 (ちくま新書)

著者 :
  • 筑摩書房
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480058102

作品紹介・あらすじ

遺跡と神話の国、ギリシア。だがそれだけではない。古代から連綿と続く豊かさがこの国にはある。はるか昔から変わらぬ山河とそれをとりまく人々の生活、そして素朴なゆえにとびきり美味な海や山の幸…。自然の恵みをそのまま受け継ぐ「古い国」の豊かさを、遺跡や廃墟を訪ね歩く合間に感じてきた著者ならではの、エーゲ海での「ギリシア風」過ごし方、首都アテネの街歩き、博物館の愉しみ方など。極上の旅案内。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 筆者のギリシア愛、クーロス愛が溢れている。エーゲ海の島々一つ一つの楽しみ方の紹介が圧巻。

  • <a href="http://www.bk1.co.jp/product/01690238"><B>癒しの旅 ギリシア・エーゲ海</B></a><br>(ちくま新書 210)<br> 1999.7<br><br><br>割と新しめの本なのに、品切れです。とほほ<br>第一章がエーゲ海の島々(ミコノス島、デロス島、ナクソス島、サントリーニ島、<br>クレタ島、ロドス島、コス島、サモス島、ヒオス島、レスボス島、リムノス島、<br>サモトラケ島、タソス島)を巡る旅。<br>第二章はアテネ、第三章はペロポネソス半島から中部、北部へと進みます。<br><br>これまた「旅行の時に持って歩きたい」本です。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1938年、広島生。学習院大学卒業。平安文学を専攻したのち、74年に小説家としてデビュー。また古代ギリシアについての研究を深め、神話発祥の地への旅を重ねるかたわら、ギリシアについての著作を執筆。『ギリシア神話の女たち』『ディオニュソスへの旅』『癒しの旅 ギリシア・エーゲ海』(筑摩書房)、『ギリシア・神話の旅』(講談社文庫)、『ふだん着のギリシャ』(読売新聞社)など多数の著作がある。

「2018年 『ギリシア神話物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

楠見千鶴子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×