太宰治 弱さを演じるということ (ちくま新書)

著者 :
  • 筑摩書房
3.17
  • (2)
  • (4)
  • (15)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 67
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480059673

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 太宰の作品の根底にはディスコミュニケーションと家父長制への抵抗と庇護されたい願望の問題があり、戦時下の太宰が驚くほどの佳作を残したのは太宰が国家に「父」の役割を投影したゆえの安定がそれをもたらしたのだ、とする第5章が印象的だった。敗戦により無惨に滅びゆく「父=日本」の喪失体験したことにより太宰は均衡を保てなくなってしまった。厚い本ではないがしっかり読み応えのある新書。太宰は人間関係に擬似家族の投影をしてしまっていたのだなあと本書を読み感じた。太宰は最期まで家長の立場を引受けることを恐れていたのだろうか。

  • [ 内容 ]
    没後既に五十年以上、なお太宰治の小説を手にする若い読者が多い。
    大ロングセラー作家なのだ。
    「青春のはしか」といわれ、だれでも一度は読まねばならぬがいつまでも読むのは未熟とさえいわれながら、いつの時代にも若い読者を引きつけてやまぬその秘密はどこにあるのか。
    「極端に自己を否定して、万人を楽しませよう。
    もし救いがあるとすれば、自分はその最後のものでなければならぬ。
    これが彼の倫理なのです」という評に代表される従来の太宰像を、ことばで人間関係を作りなおす方法の体現者と読み替える斬新な試み。

    [ 目次 ]
    第1章 なぜ「太宰治」なのか
    第2章 メタ・メッセージの希求
    第3章 「太宰治」の誕生
    第4章 「ナンセンス」の美学
    第5章 ことばで距離を創るということ
    第6章 「心中」の論理
    第7章 「女類」とは何か

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 演出としての太宰論。

  • 本書は太宰論としてももちろんすごく面白いけれど、それよりも自分自身の他人との関わり方について考えさせられた。弱さを演じるということ。わたしはずるい人間なので、自分を卑下するのって防衛手段だって、知ってて、卑下してる。事実自信もないのだけど、それがどう作用するかわかっててやってる。なんだか、良い人間になりたいなあと思った。良い人間関係を築きたいなあと思った。

  •  数多くの太宰論が出版されているが、この著者は視点を少し遠くに離している。数多くの私小説をそのまま太宰の行動・心理として受け取ってはならないのだと強調している。
     読者が陥りがちな作者がそのままを描き、読者は登場人物をそのまま太宰と受け取る錯覚。ここに注意を喚起しているのだ。

  • 太宰治の評論。
    わかりやすく、納得のいく内容。
    太宰は「弱さ」を演出することに長けた作家だった、という話。
    加害者のいない被害者。

  • あんま面白くねえなあ

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

安藤宏

1958年東京に生まれる。82年に東京大学を卒業し、85年、同大学院人文科学研究科博士課程に進学。その後東京大学文学部助手、上智大学文学部講師、助教授を経て、現在、東京大学大学院人文社会系研究科教授。博士(文学)。単書に『自意識の昭和文学――現象としての「私」』(至文堂)、『太宰治――弱さを演じるということ』(ちくま新書)、『近代小説の表現機構』(岩波書店)、編著に『日本の小説101』(新書館)などがある。

「2020年 『日本近代小説史 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安藤宏の作品

ツイートする
×