中高年自殺―その実態と予防のために (ちくま新書)

著者 :
  • 筑摩書房
3.88
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480061126

作品紹介・あらすじ

一九九八年以降、日本の自殺者数が連続して三万人を上回り、大きな社会問題となっている。この数は、実に交通事故死の三倍以上にもなる。その内訳をみると、もともと自殺者に占める割合の高い中高年男性の自殺者数が、さらに増えている。働き盛りの自殺を防ぐために何ができるのか。自殺予防研究の第一人者である精神科医が、自殺者急増の背景を分析するとともに、どのような人に自殺の危険が高いのか、また周囲の人や医師などが自殺予防をどのように行っていけばよいのか、具体的に明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「自殺はけっして選択された死などではなくて、さまざまな理由から自殺しか選択肢がない状況に追い込まれた、いわば強制された死である・・・」

  • [ 内容 ]
    一九九八年以降、日本の自殺者数が連続して三万人を上回り、大きな社会問題となっている。
    この数は、実に交通事故死の三倍以上にもなる。
    その内訳をみると、もともと自殺者に占める割合の高い中高年男性の自殺者数が、さらに増えている。
    働き盛りの自殺を防ぐために何ができるのか。
    自殺予防研究の第一人者である精神科医が、自殺者急増の背景を分析するとともに、どのような人に自殺の危険が高いのか、また周囲の人や医師などが自殺予防をどのように行っていけばよいのか、具体的に明らかにする。

    [ 目次 ]
    第1章 日本の自殺の現状(自殺総数の推移 中高年の自殺の増加 ほか)
    第2章 世界の自殺、日本の自殺(日本の自殺についてのステレオタイプ 世界の自殺 ほか)
    第3章 こころの病とその治療法(こころの病についての基礎知識 うつ病―体の不調とこころの不調 ほか)
    第4章 働き盛りの自殺を防ぐには(自殺の危険の高い人に共通する心理 どのような人に危険が迫るのか ほか)
    第5章 不幸にして自殺が起きてしまったときに(自殺、そして遺された人々 遺された人々の心理 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

筑波大学医学医療系災害精神支援学教授。医学博士,精神科医。

「2016年 『十代の自殺の危険』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋祥友の作品

ツイートする
×