若者はなぜ正社員になれないのか (ちくま新書)

著者 :
  • 筑摩書房
2.79
  • (4)
  • (3)
  • (32)
  • (13)
  • (5)
本棚登録 : 151
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480064349

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大学在学中に就職活動をせず、卒業後フリーター生活を経てから中途採用で就職し、その後またフリーターをしたり就職したりして今に至る、という私にとって、この著者はかけ離れた存在ではないのだけれど、書かれている内容が共感するとかしないとかでなしに全く頭に入ってこなくて、途中で読むのを止めようかと思った。
    本当にただ、ひとりの若者の就職活動記で、その間の思考の記録というだけなので、表題からイメージする内容とは違ったものになっている。
    私にとってはこの一冊を読む時間を他にあてた方が良かった、という感想しかない。

  • 中身のない内容がレトリックを駆使してだらだらと書かれているように感じた。筆者の隠しきれない自己陶酔が伝わってきた。

  • 一般論かと思ったら、就職できない著者のぐだぐだ体験談でした。
    読むだけ無駄。

著者プロフィール

1981年生まれ。埼玉県出身。東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。作家・編集者、昭和女子大学非常勤講師。東京工業大学非常勤講師。主な著作に『ネットカフェ難民』『知識無用の芸術鑑賞』(ともに幻冬舎)、『若者はなぜ正社員になれないのか』(筑摩書房)、『自殺しないための99の方法』(一迅社)、『小幸福論』(オークラ出版)、『はじめての批評』(フィルムアート社)、『流されるな、流れろ! 』(洋泉社)、『重版未定』『重版未定2』(ともに河出書房新社)、『編プロ☆ガール』(ぶんか社)、『労働者のための漫画の描き方教室』(春秋社)、『書くための勇気』(晶文社)、『ぽんぽこ書房 小説玉石編集部』(光文社)などがある。

「2019年 『無意味のススメ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川崎昌平の作品

ツイートする