若者はなぜ正社員になれないのか (ちくま新書)

著者 :
  • 筑摩書房
2.79
  • (4)
  • (3)
  • (32)
  • (13)
  • (5)
本棚登録 : 151
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480064349

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんだか、タイトルにだまされた感じ。
    単なる個人が萌えたことばの寄せ集め。。

    たしかにこの方は、ニートと言えど、いろいろ博識だと思う。
    。。。けど、期待した内容では無かった。

    しかし、最後は、、、、


    〜以下、◇○本より抜粋、●・コメント〜

    ◇p.87:「未来を知ってしまった絶望と、未来を知らない絶望」
    「未来を知ってしまった」タイプの若者は、おおむねやる気そのものを
    いちぢるしく削ぎ、、現状を打破する気力も威力もない。
    『希望格差社会』は、このあたりを的確に描出している
    ●ははぁ、これが、就職氷河期で、はからずとも漏れてしまった
    若者が陥るパターンかと思った。
    でも、従来は無かったんだよな。こんな「自分さがし」する必要が。。。

  • 内容は著者の就活体験記で、「若者はなぜ正社員になれないのか」という問題に対しての見解はなく、あくまで問いかけて考えてもらう、というスタンスで書かれています。冒頭の「本書について」というところで、その旨は書かれていましたが、せっかくなら自身の経験から何かしらの見解を出してくれてもよかったかな、と思いました。

  • 電車で読むぐらいにはよかった。
    面接に正面から向き合うけど迎合しない姿勢は見習うところがあると思う。

    読んだ結果、「どんなに今の就職活動なるものがおかしくて理不尽に満ちているとしても絶対に内定を勝ち取って正社員になってやる」と思いました。

  •  東京藝術大学の大学院を出てからはネットカフェで寝泊りをする生活を送っていた著者が一念発起して就職活動を始めた。その活動の過程を淡々と記したエッセイ。

     著者はどう表現されるべきか… 弁の立つ世間知らずなのかもしれません。就職面接で「特技はある?」と聞かれ「そんなもの、ありません。100人若者がいたとして、そのうちの99人ができることを、自分はできないし、知らない可能性があります。普通とか平均とかいった言葉から最も縁遠い人間とお考えください」と答えるとは… なんだか唖然。こんなことばかり言っているのか… と考え、この時点での評価は星1つ。

     ただ、企業側は訪れた人を見極めようと必死なので隙ができる、という文言には同意した。自分が面接官に見られている、というのは当然ですが、自分も面接官を見てやるんだ、という考えには今まで思い至らなかったので。面接のプレッシャーに押しつぶされて頭が真っ白になるよりはましだと思った。

  • 単なる体験談です。へ〜〜程度。

  • この本は、大学卒業後にネットカフェで生活してきた著者が、一発発起して正社員になるべく就職活動をした実録の本です

    新卒で就職しないと就職活動も大変になるのですね

    最後に、『え〜っ』というオチがある本でした

  • 題名に偽り有り。「なぜ正社員になれないのか」ではなく「なぜならないのか」にしてほしかった。格差社会などをイメージし、制度的問題から「なれない」人を描いているのかと思っていたのですが、違いました。「ならない」→「なりたい」→「なりきれない」ときて結局もとの「ならない」に戻るという変遷を読まされた感じ。

著者プロフィール

1981年生まれ。埼玉県出身。東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。作家・編集者、昭和女子大学非常勤講師。東京工業大学非常勤講師。主な著作に『ネットカフェ難民』『知識無用の芸術鑑賞』(ともに幻冬舎)、『若者はなぜ正社員になれないのか』(筑摩書房)、『自殺しないための99の方法』(一迅社)、『小幸福論』(オークラ出版)、『はじめての批評』(フィルムアート社)、『流されるな、流れろ! 』(洋泉社)、『重版未定』『重版未定2』(ともに河出書房新社)、『編プロ☆ガール』(ぶんか社)、『労働者のための漫画の描き方教室』(春秋社)、『書くための勇気』(晶文社)、『ぽんぽこ書房 小説玉石編集部』(光文社)などがある。

「2019年 『無意味のススメ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川崎昌平の作品

ツイートする