ポストモダンの共産主義 はじめは悲劇として、二度めは笑劇として (ちくま新書)

制作 : 栗原 百代 
  • 筑摩書房
3.40
  • (10)
  • (12)
  • (21)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 326
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480065575

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ラカン派マルクス主義者の哲学者、精神分析家とのことで表題にも惹かれて一読。ラカンの概念だけでなく、マルクス、カント、ヘーゲルなど、哲学的素養がなければ読み下すことは困難。資本主義はその永続のために社会主義的方法を取り込むことで生き延びる。その矛盾を打破するために社会主義ではなく共産主義が必要なのだという主張。

  • 著者・ジジェク(http://www.egs.edu/faculty/slavoj-zizek/biography/)の名を知る人は多いと思います。日本国内ではさほど多くの訳書が出版されているわけではないので、こうした新書の形で手に取りやすくなっているのは嬉しい限りです。

    実際、私自身もジジェクの名前を目にするようになったのは、ル・モンド・ディプロマティーク(http://www.diplo.jp/)や政治学関連の書籍を読む中で目にする程度でしたので、彼の立ち位置を知っていながら思想には触れていないなんともふわついた状態だったのです。そんな奇妙なふわつき感をなくそうかと手にとってみたのでした。

    一度の読了では、噛み砕けたいえず無理やり咀嚼したばかりに消化不良を起こしている状態に近いと思います。彼自身が創りだした世界を捉える比喩や言葉は難しいので、他の著作を繰り返し読み、他の書籍も読みながら世界観全体を把握しておく必要があります。一方で、議会制民主主義に感じる限界には以前から感じていたことですし、『21世紀のマルクス主義』(http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1729286683&owner_id=320755)で語られていた佐々木力氏のコミュニズムとは違った捉え方もあり、冒頭に記述した世界を捉える新しい視点の必要性はより具体的に把握できたように思えます。

    アメリカ帝国主義への冷徹な批判は、グローバルな市場での活動を是とする巨大な体制につながる経済活動下で生きる私達自身に反省と自戒を求める文章であるようにも思えます。現在の私たちが資本主義を維持するために聞き、言葉する言い訳が、実は私自身がソ連邦崩壊時にソビエトに向けていた言葉と同じであることを痛烈に指摘するのは資本主義を外側から見れる人だからこその文章だと思います。

    訳文そのものに原文を訳しきれておらず、日本語に意訳していくのが困難な作業だったのではないかと察することのできる文章が多くありますので、独特の表現がダイレクトに文字になっている部分もあります。そのため、「大文字の概念」「シニフィアン」など、この本を読む前に彼の用語を知っておければより深く落とし込めると思える瞬間もあり、そのつど立ち止まりそうになりましたが、無理して走りきってしまいました。時間を置いて、2回目、3回目と反復して読みなおしていけば、より理解が深まるとも思いました。コミュニズムへの視点が前よりも開けたと感じられる本です。

  •  ラカン、ヘーゲルなどの理論が説明なしにぽこぽこ使われるので、読んでいないとやや理解し辛いけれど、内容はシンプルで、真っ当な事を言っているとは思った。
     一貫して何かを証明する。と言うよりは、章立ての中で資本主義の批判を並べて行くと言った感じでした。
     中でも言っている様に、資本主義は前提でもないし、特権を持つ人がたくさんいて、弊害も多いのは分かっているけれど目を瞑っていたり、信じている部分があって。
     こんなにも真っ向から批判する話も聞かないので快い感じはありました。

  • マルクス、カント、ヘーゲル等の用語を理解してないとまったく歯が立たない部分が多々あり、新書としてはかなり難解だった。

    しかしコミュニズムを通して資本主義やポストモダンを見るという行為から、これまで知らなかったことを色々と発見できた。

  • [ 内容 ]
    二十世紀末に「歴史は終わった」と高笑いしたリベラル民主主義の時代はこの十年で終わったはずだった。
    だが彼らはいまだ危機をあおってわれわれを欺こうとしている。
    今こそ資本主義イデオロギーの限界と虚妄を白日の下にさらし、世界を真に変革へ導く行動原理を、まったく新しいコミュニズムを語らねばならない―。
    闘う思想家ジジェクが、この十年の混迷を分析。
    二十一世紀を生き抜くための新しい革命思想を問う。

    [ 目次 ]
    最初の十年の教訓
    第1部 肝心なのはイデオロギーなんだよ、まぬけ!(資本主義的社会主義?;ショック療法としての危機;敵性プロパガンダの構造;人間的な、あまりに人間的な;資本主義の「新たな精神」 ほか)
    第2部 コミュニズム仮説(新時代の共有地囲い込み;社会主義かコミュニズムか?;「理性の公的使用」;ハイチにて;資本主義の例外 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

著者プロフィール

1949年、スロヴェニア生まれ。哲学・精神分析から、映画・芸術、現代政治まで、縦横無尽に論じる現代思想界の奇才。『イデオロギーの崇高な対象』『ラカンはこう読め!』『ロベスピエール/毛沢東』他。

「2015年 『事件! 哲学とは何か』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スラヴォイ・ジジェクの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする