心づくしの日本語: 和歌でよむ古代の思想 (ちくま新書)

  • 筑摩書房
3.77
  • (6)
  • (8)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 72
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480066268

作品紹介・あらすじ

「心」「日本語(言の葉)」「和歌」。これら三つは密接につながっている。日本語が発展したのは、和歌のおかげである。日本人の世界認識の根源には「歌をよむ」という営為があるからだ。「心」は日本の伝統文化のエッセンスであり、この叡知を定着させたのは和歌である。しかし、近代以降、西洋文明の獲得と引き換えに、日本語が培った叡知を私たちは失いつつある。その喪失を偲ぶとき、王朝文化における和歌の卓越が明らかになるだろう。本書は、近代文明を相対化する視点をはぐくむものとして、古代文学を捉えなおす試みである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第五章 「月やあらぬ」とその英訳 は、かなり興味深かったです。
    「月やあらぬ春や昔の春ならぬ我が身ひとつはもとの身にして」という在原業平の歌の英訳に挑んだいくつかの例をひいて日本語の特徴を浮かび上がらせようとするもの。

    第六章 日本語の限界と無限の表現力 も、面白い内容でした。同字異義語の魅力。

    この2章が割と好きで、他の章は、自分の関心と微妙にズレていたからか、うまく読みこなせずでした。ツベタナ先生ごめん。。

  • [ 内容 ]
    「心」「日本語(言の葉)」「和歌」。
    これら三つは密接につながっている。
    日本語が発展したのは、和歌のおかげである。
    日本人の世界認識の根源には「歌をよむ」という営為があるからだ。
    「心」は日本の伝統文化のエッセンスであり、この叡知を定着させたのは和歌である。
    しかし、近代以降、西洋文明の獲得と引き換えに、日本語が培った叡知を私たちは失いつつある。
    その喪失を偲ぶとき、王朝文化における和歌の卓越が明らかになるだろう。
    本書は、近代文明を相対化する視点をはぐくむものとして、古代文学を捉えなおす試みである。

    [ 目次 ]
    第1章 『竹取物語』―限りのない美と限りのない心
    第2章 タブーと自由―人の心を種としたやまと歌
    第3章 「月の影」とその彼方へ
    第4章 「あいまいさ」の今昔
    第5章 「月やあらぬ」とその英訳
    第6章 日本語の限界と無限の表現力
    第7章 外縁からのまなざし
    第8章 助詞・助動詞のマジック・ミラー

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 和歌や日本語の美しさ、奥ゆかしさ。
    他の言語との差異等々を哲学的、言語学的にいろんな観点から書かれているとても面白い本でした。

  •  和歌の研究でありながら、著者さんが東欧系の名前だというのが気になって手に取ってみました。

     和歌を題材に、平安時代あたりまでの日本の思想を読み解く趣旨の本ですが、アラビアやギリシャといった、他の文化圏との対比が特に面白かったです。
     哲学だけでなく、言語学的な観点からも差異や類似点を挙げられています。

     そしてなにより、和歌の技法や解釈を説明するために紹介されるたくさんの和歌!
     今まで、31文字のリズムの良さは声にしてこそだと思っていたのですが、あえて濁点を用いないことで同時に正反対の意味を帯びてくることなど、文字で表現する奥深さというのがとても新鮮でした。
     和歌には唯一無二の訳があるわけではなく、その「あいまいさ」ゆえにたくさんの解釈や、想像を広げていく余地があるそうです。
     著者さん自身の解釈もとても素敵でした。
     わたしも、歌とじっと向き合って、自分なりの意味を拾い上げていけたらな、と思います。

     哲学も言語学も学問の中では個々の思考回路によって大きく姿を変えるたぐいの厄介なものなので、読んでいて頭で理解できなくなることもあります。その点で、この本は「難しい」と言えます。
     しかし、和歌、日本語の素晴らしさ、奥深さ、現代と通じるところを知る素敵な一冊だと思います。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

国際基督教大学教授。【専門分野】日本古典文学の詩学、日本文化の意味生成過程、文化・文学理論 。主要編著書に、『涙の詩学―王朝文化の詩的言語』(名古屋大学出版会、二〇〇一年)、『心づくしの日本語 和歌でよむ古代の思想』(ちくま新書、二〇一一年)、など。

「2014年 『パロディと日本文化』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツベタナ・クリステワの作品

心づくしの日本語: 和歌でよむ古代の思想 (ちくま新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×