限界集落の真実―過疎の村は消えるか? (ちくま新書)

著者 : 山下祐介
  • 筑摩書房 (2012年1月1日発売)
3.69
  • (18)
  • (41)
  • (32)
  • (7)
  • (1)
  • 本棚登録 :462
  • レビュー :45
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480066480

作品紹介・あらすじ

高齢化が進み、いずれ消滅に至るとされる「限界集落」。だが危機を煽る報道がなされているのに、実際に消滅したむらはほとんどない。そこには逆に「限界集落」という名付けをしたことによる自己予言成就-ありもしない危機が実際に起きる-という罠すら潜んでいる。カネの次元、ハードをいかに整備するかに問題を矮小化してきた、これまでの過疎対策の責任は重い。ソフトの問題、とりわけ世代間継承や家族の問題を見据え、真に持続可能な豊かな日本の地域社会を構想する。

限界集落の真実―過疎の村は消えるか? (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いいこと言ってる箇所もなくもないが、いかんせん散漫。多くのフィールドワーク事例の紹介が、本当にただ紹介・羅列にしかなっていない。
    それとは別に著者が新たな着眼点から提起してみせる「限界集落の真の問題点」というのもあるのだが、ではそれを「どうするか?」という話になると議論は途端に具体性を欠き、ふんわりした理想論・根性論に終始してしまう。
    また、帯の惹句だったという「消滅した集落などない!」はその実、「消滅した集落など(今のところ)ない!」であって、「今矍鑠と生きている高齢者たちが退場した後はどうなるかわからない」とは、著者自身も認めている。
    しかるに、この本は6年前の作なのである。高齢者にとっての6年は大きい。今(2017年)まさに、6年前に著者が「(まだ)大丈夫!」と太鼓判を押した集落が消滅しつつあるのではないのか。そんな疑念が拭えない。

    私自身はまさにこの本にあるような、地方都市に両親を置いて都心に出た「低成長期生まれ」世代だ。そんな私は定年を迎えた暁に地元に戻るのもやぶさかではないが、著者がついでのようにさらりと書いているように、私の子供となるともはや「都市での生活しか知らない」世代である。かれらには都市こそが、著者が情緒的に言ってみせるところの「ふるさと」なのだ。
    とすると、かれらに「帰郷」を強制することはできず、本書の言う孫世代=私の世代の帰郷は畢竟、集落の消滅を半世紀かそこら先送りするにすぎないのではなかろうか。他出者が「ふるさと」に帰ればよしとする著者の論理は、この点首を傾げざるをえない。

    2017/6/15~6/16読了

  • ・T型集落点検
    ・家族のUターン

  • <目次>
    序    むらは消えるか~東日本大震災を経て
    第1章  つくられた限界集落問題
    第2章  全国の過疎地域を歩く
    第3章  世代間の地域住み分け~効率性か、安定性か
    第4章  集落発の取り組み
    第5章  変動する社会、適応する家族
    第6章  集落再生プログラム

    <内容>
    藻谷さんの本で紹介されていた本。ようやく読めました。簡単に言うと、「限界集落」は作られた問題で、2014年現在で言えば、問題ではない。ただし、それから3年たった現在では、いわゆる「限界集落問題」ではなく、単純にそこをけん引していった世代が高齢化し、消えていくことが問題。ただ、地方ではそこは織り込み済みで考えている。跡継ぎは「限界集落」に近いところに世帯を持ち、前の世代が死んだあとに、入らなくても家や田畑の管理をし、むらのコミュニティに参加している。「限界集落」はない。問題なのは、そうしたコミュニティのない、都会やその周辺の地域である。
    近年読んでいる本を総合しても、そういう話のようだ。地方再生ではなく、問題なのは都会の人間らしさの再生であり、地方から学ばないといけない。そのためには、グローバル化とか言って、無駄な成長神話を吹聴する必要はない。身の丈で生きていけばいい、ということだ。

    逗子市立図書館

  • 限界集落の側から中心は見えるが中心から周辺は見えにくい。真実だ。さて中心に近いところに置いてきぼりにされたものはどうするのか。その場所を周辺とみなしてその場所の真実を見ていくのか?5世代目としてはさてさて。

  • 高齢化率が上昇することにより、すでに100以上の集落が消滅し、今後、多くの集落が消滅する。このようなショッキングな報道があったが、本当なのか?を検証しつつ、進むべき道を考える視点を、本書では提供している。
    ネタバレながら書くと、現状では高齢化を理由に消滅した集落はなく、因果律が合わない。また、個々の集落で事情は異なり、元気な地域もある。これらから、マスコミに踊らされた感がある。ただ、高齢化の進行は、今後、発生しうるリスク問題としては存在しており、対応を考えていかねばならない。

  • 限界集落の実家に帰ろうかと考えはじめたので手に取ってみた。そしたら、まさに実家の地域(過疎問題の先進地)のことが書かれており、涙が出そうになった。帰る方向に心は動きつつある。

  • 2007年前後に話題になった限界集落問題について、
    独自に調べた結果、人口減少で消滅した集落はないし、
    各地方の過疎集落に行ってみても、
    老人たちがそれぞれ支え合って元気に暮らしている、
    困ったことなど何もないというのが
    本書の根幹になっているが、
    ピントがずれるとしか思えなかった。

    次世代の担い手がほとんどおらず、
    高齢者のみが残っている過疎集落では、
    現世代の老人がいなくなれば
    次の世代がいないので自然消滅する可能性が高い
    というのが問題なのに、
    現世代の老人は、限界集落問題について
    問題提起された以降も元気でやっていて
    人は減っていないし、集落を維持している。

    と繰り返し繰り返し述べられているが
    現世代しかいないのであれば、
    長寿化の影響で現世代が5年10年長生きしたところで
    問題が先送りされているだけで
    問題の本質はなんにも変わっていないということに
    気づいていない。

  • 限界集落のことは、知っていたが、どのような暮らしなどを知りたくて、借りてきたが、こちらで、考えているよりは、安定している生活をしているみたいであるが、やはり、これから先は、どうなるかと問題があるみたいである。やはり、交通、都市との関係が重要と思った。しかし、老人ながら、助け合って生きており、人間味あふれる。生活と思った。それから、私は、この本を読んで、理解できたが、限界集落の外に暮らす子供もその限界集落に重要であるということである。その子供たちの様子も、これからの限界集落の維持に重要ということが理解できました。また、この筆者は、必要ないからと切り捨てることを反対しているが、理想としては、そうであるが、現実の問題として、徐々に大きな集落、町に吸収されていくと思う。

  • ふるさとは遠くにやりて思うがよし
    なんて言ってたらふるさとはなくなってしまう
    帰る場所があるからこそ心の安定を図れるのだよ

  • 速読の本を読んで、その練習台として図書館で借りた一冊。
    『地方消滅』の参考文献でもあったので借りてみた。

全45件中 1 - 10件を表示

山下祐介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
トマ・ピケティ
池井戸 潤
ウォルター・アイ...
國分 功一郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

限界集落の真実―過疎の村は消えるか? (ちくま新書)に関連するまとめ

限界集落の真実―過疎の村は消えるか? (ちくま新書)はこんな本です

限界集落の真実―過疎の村は消えるか? (ちくま新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする