日本の文字―「無声の思考」の封印を解く (ちくま新書)

著者 : 石川九楊
  • 筑摩書房 (2013年2月1日発売)
3.63
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :54
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480067043

作品紹介

漢字、ひらがな、カタカナ-。日本語は三種類の文字をもつ。この世界にまれな性格はどこに由来し、日本人の内面に何をもたらしたのか。文字の問題を構造的にとらえ、文体に蓄積された思想と感性を追究していくことによって、日本文化の不思議さをさぐり、日本とは何かという問いの核心に迫っていく。鬼才の書家が大胆に構想する文明論的思索。

日本の文字―「無声の思考」の封印を解く (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 400

  • 漢字と言う書字を基に発達したという日本語の特殊性について論じている。縦書きの重要性を改めて認識した。

全3件中 1 - 3件を表示

石川九楊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本の文字―「無声の思考」の封印を解く (ちくま新書)はこんな本です

日本の文字―「無声の思考」の封印を解く (ちくま新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする