告発の正義 (ちくま新書)

著者 :
  • 筑摩書房
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480068477

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2009年の検察審査会法改正により、起訴議決制度が導入され、検察官の不起訴処分に対して、検審が二度にわたって起訴すべきと議決を行った場合には、裁判所が指定する弁護士によって起訴の手続きが行われる事になった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1955年生まれ。弁護士(郷原総合コンプライアンス法律事務所代表)。関西大学社会安全学部特任教授。総務省コンプイライアンス室長・年金業務監視委員会委員長。東京大学理学部卒業後、民間会社を経て、1983年検事任官。東京地検、長崎地検次席検事、法務総合研究所総括研究官等を経て、2006年退官。「法令遵守」からの脱却、「社会的要請への適応」としてのコンプライアンスの視点から、様々な分野の問題に斬り込む。

「2017年 『青年市長は“司法の闇”と闘った 美濃加茂市長事件における驚愕の展開』 で使われていた紹介文から引用しています。」

告発の正義 (ちくま新書)のその他の作品

告発の正義 (ちくま新書) Kindle版 告発の正義 (ちくま新書) 郷原信郎

郷原信郎の作品

ツイートする