日本人の9割が間違える英語表現100 (ちくま新書1230)

制作 : 里中 哲彦 
  • 筑摩書房
3.68
  • (5)
  • (12)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 168
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480069375

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これはこうだろう、と自信を持って答えたものが、日本人に有り勝ちな間違いの典型とされていたりして結構萎える。周囲のネイティブがこういう間違いを正してくれればいいのだろうが、逆に日本人の変な英語に寛容な態度を示す人が増えているような気がする。そうなるとますます変な英語がはびこり、最終的に日本語版ピジン語みたいな混合語ができたりするのかも。

  • 確かに言ってしまっているなあという間違えの例が挙げられていて、とてもためになった。

  • 日本人にとって英語が苦手な理由はいくつかあるが、そのうちのひとつが、いわゆるカタカナ英語が本来とは違った意味で使われていることにあるのではないだろうか。それが、誤った英語表現をもたらし、知っているはずの英語が正しく伝わらず、恥ずかしい思いをしてしまう、という問題を引き起こしているように思う。
    どうやら日本には、言語を含めて外来の文化を採り入れる際に「変えてしまう」「異質のものにしてしまう」文化があるようだ。
    そんな呪縛もあってか、あるいは日本の英語教育が悪いのか、本書に掲載されている英文は、日本人特有の誤りがその理由とともに分かりやすく解説されている。それに対して、ネイティブが使う英語が解説とともに紹介されているので、自然に使えるようにしたいものだ。以下がその一例である。
    Can I come over?
    Have you heard of Ichiro? (Do you know of Ichiro?)
    Someone took my umbrella.
    Excuse me. I ‘m getting off [on]
    Excuse me, could I get past?
    I slipped on some ice and fell on my bottom [butt; ass].
    My lower back hurts (from sitting all day).
    Why don’t you hit on him?
    She hit on a good idea.
    Can you give me a discount?
    Keep it up! / Way to go.
    I went to Hokkaido with a friend from work
    We usually agree with each other [one another].
    We’ve come to distrust him.
    I don’t belong to any political party [faction].
    The convenience store was robbed of [off] $50 in cash.
    I was embarrassed because I couldn’t understand his English.
    Let’s split the bill [check]. / Let’s go halves on dinner.
    I saw him get in a taxi [get out of a taxi].
    I saw him get on the ship [get off the ship].

  • 日本の英語教育がいかに実態に即してないのかが突きつけられますね。
    自分もまた誤解していたことが多々あり、大変勉強になりました。

  • ホンマに「へぇ〜なるほど」の連続。
    これも何度も読んで覚えなきゃ。

  • 2017.03.22読了

全8件中 1 - 8件を表示

日本人の9割が間違える英語表現100 (ちくま新書1230)のその他の作品

キャサリン・A.クラフトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
村田 沙耶香
伊賀 泰代
宮下 奈都
エラ・フランシス...
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

日本人の9割が間違える英語表現100 (ちくま新書1230)を本棚に登録しているひと

ツイートする