日本人の9割が間違える英語表現100 (ちくま新書1230)

  • 筑摩書房
3.83
  • (10)
  • (18)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 266
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480069375

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 私は現在アメリカに住んで約1年が経過しますが、ある程度英語を学習してから読むと、割と納得感を感じることができる内容になっていた。

    ただテキストに向かって勉強しているだけだと、細かいニュアンスや表現の違いを腹落ちさせることは難しいが、ネイティブの人と実際に話したり聞いたりする場面があると、実は細かく使い分けられていることに気づく。

    本書ではそのようなネイティブとの会話の中で感じる違いについて100のトピックを取り上げてわかりやすく説明がなされており、本書を通じて普段漠然と感じていることを腹落ちさせることができた。

  • 英語を話してるつもりでも、ついつい日本語の表現をそのまま英語に訳して話してししまうことがある。そんな日本人の英語あるあるをかるーい感じのトーンで面白楽しく紹介してくれる一冊。

    なんだかんだ英語はしっかり勉強してきたつもりなのだが、以下の一節は一本取られた気がする:

    A: Do you know Tokugawa Ieyasu?
    B: Of course not! He’s been dead for more than 400 years.

    Aの発言は日本語の「知っている」と、英語のknowの微妙な意味の違いからやってしまう英語の間違いだそうだが、すいません、知らずに盛大にやらかしてたことに気づかせていただきました。。。

  • 思ったより役に立った。
    中学・高校レベルの表現でも思っていたニュアンスと違うものが多くて、やっぱ実際のシチュエーションの中で使い分けを覚えていかなきゃな。

  • タイトルにある通り、日本人が間違いやすい英語表現を100フレーズ、リストアップしてくれています。
    一通り読んで整理しましたが、まあ勘違いしまくりでしたよ。。。

    しかし、英語、マジで辛い。。。
    自分はオンライン英会話や英語の勉強に結構時間をかけてるのですが一向に喋れない。。。。帰国子女とか英語を話す環境が日々にある人たちがクソ羨ましです。(と言い訳したい...!辛いけど地頭が平均以下なんだな。。。)
    その一方で、世界中の人々と言葉の壁を越えてコミュニケーションとりたいし、文化や知恵や諸々興味はあって、英語の習得は諦め切れない。。。

    人生一度きりだし、3年後くらいにハワイあたりに数年移住して英語喋れるようになるとか確認してみようかなってちょっと考えました。

  • とても参考になりました。繰り返し読んで身につけなきゃ。

  • 日本人の9割が知らないと英語の常識181と重なるところがあるが、それも良い復習だと思える。

  • これはこうだろう、と自信を持って答えたものが、日本人に有り勝ちな間違いの典型とされていたりして結構萎える。周囲のネイティブがこういう間違いを正してくれればいいのだろうが、逆に日本人の変な英語に寛容な態度を示す人が増えているような気がする。そうなるとますます変な英語がはびこり、最終的に日本語版ピジン語みたいな混合語ができたりするのかも。

  • 確かに言ってしまっているなあという間違えの例が挙げられていて、とてもためになった。

全15件中 1 - 10件を表示

キャサリン・A.クラフトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

日本人の9割が間違える英語表現100 (ちくま新書1230)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×