パパ1年目のお金の教科書 (ちくま新書)

著者 :
  • 筑摩書房
2.94
  • (1)
  • (2)
  • (9)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 65
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480071293

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とても読みやすく「お金」について考えるきっかけにはなる。「賢いお金の使い方は、好きな家族や仲間とともに、自分がこれが好きだと思える楽しいことにお金を使うこと」という考え方はなるほど。自分たちの価値観でお金に向き合うことは大切だ。

  • お金の教科書といいつつ、どの保険や投資しタンクがいいかとか実用的な話はほとんどない。一方で、キャリア論などの話題も充実。いわれてみれば、個人のキャリアプランと家族の今後について考えた上で、どうお金を貯めるか、捻出するか考えなければならないため、ここを抜きにはできない。
    他にもお金と幸せの法則などについても言及されており、パパでなくとも、お金について悩んでいる人は

  • 貯蓄額の目安は給与の1年分。
    給与の1割を天引きして貯蓄する。
    金融のリテラシーを身につけるために三級FP技能士を勧めている。
    体のメンテナンス費用をケチらない。
    お金は稼ぐより、使う方が難しい。

    お金をどう稼ぎ、どう使うかはその人の人生が問われていることがよく分かる。
    あとがきにあった映画ハーブとドロシーの映画は見てみたい。

  • モチベーションとか保険とか参考になった。
    学資保険はいらない。
    死亡保険のみつける。ネットの安いやつ。
    FP2級の勉強を始める。
    多様な時代だからこそキャリアプランが大切
    育児に参加しないパパは遅れている。
    体のメンテナンス費用をケチらない。

  • タイトルから期待する内容とややずれている気もするが、もっと根源的な岩瀬氏のお金に対する考え方やがかわり、備えに対するヒントもヒアリング結果から大切なものを抽出されている。
    40代くらいでこのくらい自信を持ってしかし淡々と示せるのはすごいと思う。

  • 貯蓄額の目安:年収
    やり方:給与の一割を財形天引き

  • 東2法経図・6F開架 B1/7/1312/K

  • ライフネットジャーナルの記事の焼き直しであることについては、リサーチ不足のため知らなかった。
    ライフネットジャーナルをまめに読んでいたので、これは参考になるなと思ったお金に関する新しい話はなかったというのが正直な感想。
    ただ岩瀬さんが、健康管理について地道にコツコツと投資をしていることや、様々な勉強会に参加していることについては、とても驚いた。おそらくとてつもなく忙しいであろうにもかかわらず、このフットワークの軽さにはとても驚いた。

    言われてみると、ローン、保険、教育費と漠然とした不安を抱えているけど、具体的な金額に落とし込んでどうなのかというところまで考えていないのではないか?
    額が大きすぎて、整理しきれないという思いもある。
    雑誌や広告に煽られて不安が増幅している面もある。
    FP3級、簿記三級、やってみようか。

  • 591||Iw

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ライフネット生命社長兼COO

「2014年 『楽しい仕事はない。だから楽しくやる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パパ1年目のお金の教科書 (ちくま新書)のその他の作品

岩瀬大輔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
ジャレド・ダイア...
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする