武士の起源を解きあかす――混血する古代、創発される中世 (ちくま新書)

著者 :
  • 筑摩書房
3.95
  • (8)
  • (7)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 115
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480071781

作品紹介・あらすじ

武士はどこでどうやって誕生したのか。日本を長期間統治した彼らのはじまりは「諸説ある」として不明とされていた。古代と中世をまたぎ、日本史最大の謎に挑む。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • タイトルも文章も挑戦的で、さぞ突拍子もない仮説が飛び出すのではと変な意味で期待して読み始めたのだが、実際のところそこまで極論には落ち着かず、これまで研究者がざっくり述べていた論をむしろ補強するような丹念な史料研究という感じだった。好意的な意味で、タイトル倒れかもしれない。

  • 9世紀には坂上とか伴といった軍事氏族が活躍するのに、10世紀以降の戦争シーンに登場するのは源平藤原とその一族ばかり。古代日本は軍事国家だったが全て武装解除されて平和な平安時代がやってきました、と考えるのはやはり不自然で、古代と中世の軍事力は繋がっていると見るべきだろう。筆者はその2つを、有閑弓騎、蝦夷俘囚、そして古代軍事氏族をキーワードに繋げていくのだが、その大胆で時に強引な論証はなかなか面白い。

    もう一つ、荘園公領制の成立論もなかなか。荘園による土地の囲い込みは平和裏に進んだのではなく京進物資の強奪から始まった、というのはなかなかにリアル感がある。そこに登場するのは虎の威を借る王臣子孫や王臣家人たち。地方統治は空洞化し、群盗の横行を取り締まる役所も機能しない。秩序が危機に陥ったからこそ、地方武力は貴種を旗頭に組織化され、それを中央貴族が活用する時代が幕を開ける。

    将門の純友の乱後、中央と結びついた武家貴族が急成長していく。そこを語らずに将門が滝口の武士だった論を論証しようとするのはどうかとも思ったけど、この本はあくまで律令制末期の武士成立論にフォーカスがあり、その後の武士成長論は例えば元木泰雄著『河内源氏』などを読めば良いということなんだろう。

  • 序章では巧みな導入だったが、第1章から11章まではやや詳細過ぎて斜め読みになった.終章でのヨーグルト(納豆)の例えが面白かった.武士の存在の背景に中央と地方の合体があることは、我が国の文化的神髄に通じるものがあるように感じた.

  • 日本固有の武士の成立過程をわかりやすく描いている。日本には武士が力を持っていた故に、元寇、大航海時代、幕末と、海外から征服される可能性があった危機を乗り越えることができた。その武士は、本書にあるように、王臣子孫と地方の郡司豪族層の統合から生まれた。必然ではなく、様々な条件がもたらした結果であった。では、インカ帝国のような南米になくて、日本にあったものは何か。武士を生み出した源たるそれは、地方に軍団が割拠できるほどの生産性の高い豊かな土壌と、中国由来の思想や弓射術なのかもしれない。

  • <目次>
    序章   武士の素性がわからない
    第1章  武士成立論の手詰まり
    第2章  武士と古代日本の弓馬の使い手
    第3章  墾田永年私財法と地方の収奪競争
    第4章  王臣家の爆発的増加と収奪競争の加速
    第5章  群盗問題と天皇権威の転落
    第6章  国司と郡司の下剋上
    第7章  極大点を迎える地方社会の無政府状態~宇多・醍醐朝
    第8章  王臣家子孫を武士化する古代地方豪族~婚姻関係の底力と桎梏
    第9章  王臣子孫を武士化する武人輩出氏族~「将種」への品種改良
    第10章  武士は統合する権力、仲裁する権力
    第11章  武士の誕生と滝口武士~群盗問題が促した「武士」概念の創出

    <内容>
    かなり挑戦的な本である。武士の活躍は日本史に書かれるが、肝心の武士の起こりがあいまいなままごまかされていると。本書は、平安初期の王臣家の暴走とそこの治安を守り、国司の簒奪を避けたい郡司層、そこで地方で行きたい王臣家の子孫、国司の横暴を避けたい郡司層のつながりを呼び、武士のが生まれたとする。
    大筋は従来の説と変わらないが、しっかりと証拠を上げて論破している点が素晴らしい。

  • 序章 武士の素性がわからない
    第1章 武士成立論の手詰まり
    第2章 武士と古代日本の弓馬の使い手
    第3章 墾田永年私財法と地方の収奪競争
    第4章 王臣家の爆発的増加と収奪競争の加速
    第5章 群盗問題と天皇権威の転落
    第6章 国司と郡司の下剋上
    第7章 極大点を迎える地方社会の無政府状態―宇多・醍醐朝
    第8章 王臣子孫を武士化する古代地方豪族―婚姻関係の底力と桎梏
    第9章 王臣子孫を武士化する武人輩出氏族―「将種」への品種改良
    第10章 武士は統合する権力、仲裁する権力
    第11章 武士の誕生と滝口武士―群盗問題が促した「武士」概念の創出
    終章 武士はどこから生まれてきたか―父としての京、母としての地方

    著者:桃崎有一郎(1978-、東京都、日本史)

  • 東2法経図・6F開架 B1/7/1369/K

  • 武士は地方から生まれたのではなく、中央の貴族や皇族が有閑地方豪族と婚姻を通じて相互作用で生まれた。桓武天皇から宇多天皇の時代、子沢山でポストがなかった。この100年がポイント。父方の貴種と母方の武や地方から搾取する経済力。地方は古代豪族の末裔、アイヌたちの武芸など武の環境はあった。武士という単語は奈良時代にはあった。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

桃崎有一郎(ももさき・ゆういちろう) 
1978年、東京都生まれ。2001年、慶應義塾大学文学部卒業。2007年、慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学、博士(史学)。現在、高千穂大学商学部教授。専門は、古代・中世の礼制と法制・政治の関係史。著書に『中世京都の空間構造と礼節体系』(思文閣出版)、『平安京はいらなかった』(吉川弘文館)、『武士の起源を解きあかす』(ちくま新書)、『室町の覇者 足利義満』(ちくま新書)、『京都を壊した天皇、護った武士』(NHK新書)、『室町政権の首府構想と京都』(文理閣、共編著)、『日本法史から何がみえるか』(有斐閣、共著)、『幻想の京都モデル』(高志書院、共著)などがある。

「2020年 『礼とは何か 日本の文化と歴史の鍵』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桃崎有一郎の作品

武士の起源を解きあかす――混血する古代、創発される中世 (ちくま新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×