格差社会を生き抜く読書 シリーズ ケアを考える (ちくま新書)

  • 筑摩書房
3.30
  • (2)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480071798

作品紹介・あらすじ

波瀾万丈な人生を歩んできた佐藤氏と、貧困の現実を熟知する臨床心理士の池上氏が、格差社会のリアルを語る。危機の時代を生き抜くために役に立つ読書案内。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  タイトルから、格差社会を生き抜く一つとして「読書」が大切で、それをどう生かしていけばいいのか、そんなことについて書かれているのかなと思っていたが、全く違った。

     かと言って、「いかに格差社会を生き抜くか」というものでもないように思う。格差社会の実態と、それについて書かれていたり、参考になる図書が紹介されている。

  • 読書法の紹介的なものを期待したが違った.紹介文も読まないとダメですね.

    日本では6人に1人の子供が相対的貧困に喘いでいるとのこと.
    "OECDでは、等価可処分所得(世帯の可処分所得を世帯人数の平方根で割って算出)が全人口の中央値の半分未満の世帯員を相対的貧困者としている。相対的貧困率は、単純な購買力よりも国内の所得格差に注目する指標であるため、日本など比較的豊かな先進国でも高い割合が示される。"

    貧困の原因を社会のせい(他責)にして無思考に福祉の拡大だ,金よこせ というような本か?と思ったがそうではなかった.格差,特に子供や教育にまつわる格差について理解を深めたい人にはオススメ.
    関連書籍の紹介も多々ある(だからタイトルに「読書法」がついている)

    自分はあまり興味が持てず半分くらいでリタイア

  •  本の中に紹介されていた、福祉を低所得層だけでなく、中・高所得層にも配分する視点は面白い。確かに税金を取られるだけならば誰だって反発するからだ。誰もが利益享受者に巻き込めば、福祉の話も前に進みそうな気はする。

  • 厚生労働省の統計によると、日本における「子どもの相対的貧困率」は16.3%。
    この数値を人数に換算すると0~17歳人口のうち、約328万人が相対的貧困の状態にあることになります。(池上さん)
    「相対的貧困」とは、同一の国の中の、豊かな人々とくらべて貧しい人を指す言葉。
    所得が低いほうから順番にならべてちょうど真ん中に位置する人の所得(中位所得)の半分以下の所得しかない人がどれくらいいるかをあらわす指標です。(池上さん)

    でも実際、日本では貧困が見えにくい。
    私のまわりには、まったくいません!
    私のまわりの子どもたちは「王子さま&お姫さま」状態。
    ごめんなさい。
    でも私の責任ではありませんよね。

    だから私は、佐藤さんの言葉を借りれば、「地方の保守層」なのです。
    「子どもの貧困?おれの町にはそんなものはない!」
    「各家庭の問題だから、安易に制度的に介入するべきではない」
    「たとえ貧困が存在したとしても、その解決は自助努力でやるべきだ」
    それらの意見に賛同したら、佐藤さんに怒られそう…。

    「問題はたしかに問題である」と理解、
    この本でいろいろなことを学びました。
    自分にできることは、できるだけ協力していきたいです。

    ちょうど今日の朝日新聞に「特別養子縁組」について
    1ページつかって語られていました。
    こういう方法で、いろいろな問題が解決すればいいなと思いました。

  • 東2法経図・6F開架 B1/7/1333-5/K

  • 368.2||Sa

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

佐藤優(さとうまさる)
1960年、東京都生まれ。作家、元外務省主任分析官。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了。外務省に入省し、在ロシア連邦日本国大使館に勤務。その後、本省国際情報局分析第一課で、主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍。2002年、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕、起訴され、2009年6月に執行猶予付き有罪確定。2013年6月、執行猶予期間を満了し、刑の言い渡しが効力を失った。『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮社)で第59回毎日出版文化賞特別賞受賞。『自壊する帝国』(新潮社)で新潮ドキュメント賞、大宅壮一ノンフィクション賞受賞。

「2020年 『人物で読み解く世界史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤優の作品

格差社会を生き抜く読書 シリーズ ケアを考える (ちくま新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×