論理的思考のコアスキル (ちくま新書)

著者 :
  • 筑摩書房
3.55
  • (9)
  • (14)
  • (12)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 275
感想 : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480072153

作品紹介・あらすじ

ビジネスの武器になる論理的思考力を確実に強化するには。必須のスキルを3つに絞り、具体的トレーニング方法とともに指南する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ひと言だけ書いておきたい。

    これで1000円もしないなんて、安すぎ!

  • 何を練習するかwhat to do、どう練習するかhow to do。
    吟味する思考こそがクリティカルシンキング。
    システム1とシステム2。システム1の直感からシステム2で論理的思考を後付け。

  • 良書。ファクトフルネスと合わせて読むと面白いと感じた。

  • 相当なレベルの良書。
    最初はKindleで読んだけど、紙の本でも手元に置きたくなり、再購入。
    本の形が変わるほどのドックイヤーの数に。

    内容としては、
    ・論理的思考とは何かを、論理とは何か、思考とは何かという大前提から、コアスキルまで詳細に記載
    ・そして、そのコアスキルを身につけるための具体的な方法(what to do、how to do、かけるべき時間)
    ・さらには、論理的思考を阻害する人間の脳のメカニズムから、その対策方法としてのクリティカルシンキング
    と言った内容が1冊に網羅的にまとめられている。

    まえがきに「本書は、論理的思考力を実際に身につけるための一冊である。」という強めの一文に負けない一冊になっている。
    まさに論理的思考力を学習し、身に付けられる一冊だと思う。

    内田氏の「仮説思考」シリーズや、バーバラ・ミント氏の「考える技術・書く技術」に並ぶ名著だと思います。

  • 論理的に正しいとは、客観的な正しさ(受け手が正しいと感じるか)も要素として含まれる。

  • 論理とは何か、思考とは何かという大前提となる基礎から丁寧に解説し、適切なポイントでの図解も付された本書の実践的な内容からは、悩める学習者に向けた筆者の情熱をひしひしと感じた。2019年出版の比較的新しい本ではあるが、彼の経験にも裏打ちされた肉厚な本書の内容は、大変読み応えがあるものだった。

  • 適切な言語化
    分けるスキル、繋げるスキル
    定量的な判断スキル

    タテの因果、ヨコの因果
    ベン図を用いた集合関係の判断
    ピラミッドストラクチャーによる体系化
    フェルミ推定
    正反の立論

  • 【目次】(「BOOK」データベースより)
    第1章 論理的思考とは(思考とは何か/論理とは何か/論理展開の方法)/第2章 論理的思考のコアスキルー3つのコアスキル(「適切な言語化」スキル/「分ける」スキル・「繋げる」スキル/「定量的な判断」スキル/アセットとしての知識と経験)/第3章 コアスキル習得の具体的方法(what to do:何を練習するのか/how to do:どう練習するのか/練習の総時間量:どれくらいやればよいのか)/第4章 クリティカル・シンキング(ネイチャーとして間違える脳/クリティカル・シンキング:それは本当に正しいのか)

  • 論理的思考とはどういうものか
    どうすれば身につくのかを
    骨身に染みた論理的思考で
    言語化して書かれている

    NewsPicksで初めてお名前を知ったが
    この本を読んで一層ファンになってしまった
    波頭亮さんはかっこいい大人だ

    個人的には
    ただ単に論理的思考が良いとは書かれておらず
    「伝わるかどうか」に視点があるのも
    他の本と一線を画している点だと思う。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

経営コンサルタント、(株)XEED代表

「2013年 『経営戦略論入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

波頭亮の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ジャレド・ダイア...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

論理的思考のコアスキル (ちくま新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×