「性格が悪い」とはどういうことか ――ダークサイドの心理学 (ちくま新書 1806)

著者 :
  • 筑摩書房
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 352
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480076311

作品紹介・あらすじ

あなたにもある「ダークな心」、マキャベリアニズム、サイコパシー、ナルシシズム、サディズム。特性、仕事との相性、人間関係などを心理学が分析。何が問題か?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 感想
    人間は性格が悪い。そう割り切っていてもどこか期待しているところがある。だがそんなものは脆く儚い。人間である限り。闇の部分は潜む。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

小塩 真司(おしお・あつし):1972年愛知県生まれ。名古屋大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科教育心理学専攻修了。博士(教育心理学)。中部大学准教授などを経て早稲田大学文学学術院教授。専門はパーソナリティ心理学、発達心理学。著書に『自己愛の青年心理学』(ナカニシヤ出版、2004年)、『はじめて学ぶパーソナリティ心理学』(ミネルヴァ書房、2010年)、『性格を科学する心理学のはなし』(新曜社、2011年)、『性格がいい人、悪い人の科学』(日経プレミアシリーズ、2018年)、『性格とは何か――よりよく生きるための心理学』(中公新書・2020年)、『非認知能力:概念・測定と教育の可能性』(北大路書房・共著・2021年)等がある。



「2024年 『「性格が悪い」とはどういうことか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小塩真司の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×