日本人の心の歴史〈上〉 (ちくま学芸文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
5.00
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480080530

作品紹介・あらすじ

咲く花に時勢や人生の全盛を、落ち葉に凋落を、秋の夕暮れに寂莫を重ね合わせてきた日本人の繊細な感覚。それを最もよく示す季節感の変遷を、各々の時代を特色づけた文芸作品や思想の中にさぐり、日本人独特の心の歴史を究明する、創見に富んだ日本精神史。本巻では、万葉・古今・新古今から、芭蕉にいたるまでの、自然と生活が密着していた時代の日本人と季節の関わりを描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 貌似很不错的样子。

  • 古今集の「見る」から、新古今集の「思ふ」へ、そして新古今集の、秋と冬への傾倒、王朝の「はかなし」から
    中世の無常へ、など日本文学の中に表れた日本人の精神を描き出している。特に面白いのが、新古今集では、唐からの暦の伝来によって、農耕生活に基づいた具象的な季節から、抽象的な「季節」の観念を得たというところ。他には、能楽、山水画、枯山水、茶の湯に通底する禅の哲学が興味深い。漫々の雪の中にある白梅の一枝を現すことによって、有と無を緊張の中に明瞭に捉える哲学。また、冬の美への注目は、冬によって、冬の内に準備されている春の生命力への注意でもあるという。禅というとなんだか暗く無味乾燥なものだとおもっていたが、日本の自然と歴史のなかで育まれた思想なのだとわかった。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    咲く花に時勢や人生の全盛を、落ち葉に凋落を、秋の夕暮れに寂莫を重ね合わせてきた日本人の繊細な感覚。それを最もよく示す季節感の変遷を、各々の時代を特色づけた文芸作品や思想の中にさぐり、日本人独特の心の歴史を究明する、創見に富んだ日本精神史。本巻では、万葉・古今・新古今から、芭蕉にいたるまでの、自然と生活が密着していた時代の日本人と季節の関わりを描く。
    目次
    序論 日本人の感受性の特色―感性の論理
    1 万葉集における「見れど飽かぬ」について
    2 古今集における「思ふ」について、及び王朝末、中世初期に現はれた「心」への懐疑と否定
    3 「思ふ」から「見る」への回帰、及び「見る」ことの深化
    4 春と秋といづれまされる
    5 季節のよびよせ
    6 四季の色どり
    7 古今集の四季の部立及び配列の仕方の問題
    8 秋への傾斜
    9 冬の美の発見
    10 冬の美
    11 否定の美学
    12 新なる季節
    13 季節の実相
    14 芭蕉の発明
    補遺 『撰集抄』の脱体制者たち―その歴史的叙述

全5件中 1 - 5件を表示

日本人の心の歴史〈上〉 (ちくま学芸文庫)のその他の作品

唐木順三の作品

ツイートする