江戸のはやり神 (ちくま学芸文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.20
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 55
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480080684
#B

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『近世の流行神』 (評論社1972年刊) の増補
    著者:宮田登

  • 読了

    体系づけようとするのが良かった

    自分が江戸時代がどうして興味持てないかと言うと、この体系の崩壊だと思うんですよね

    まさにそれが近世なんだろうけど

  •  

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1936-2000年。神奈川県に生まれる。東京教育大学文学部卒業。同大学大学院修了。筑波大学教授,神奈川大学教授などを歴任。筑波大学名誉教授。元日本民俗学会会長。文学博士。専攻は民俗学。民間信仰,都市民俗はじめ広汎なテーマで、歴史学等の周辺分野とも連携しながら業績をのこした。『日本の民俗学』『ミロク信仰の研究』など著作多数。

「2019年 『民俗学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮田登の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×