南方熊楠随筆集 (ちくま学芸文庫)

著者 :
制作 : 益田勝実 
  • 筑摩書房
4.18
  • (7)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 132
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (490ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480081100

作品紹介・あらすじ

博覧強記にして奔放不羈、稀代の天才にして孤高の自由人・南方熊楠。本書は、猥雑なまでに豊饒なこの在野の国際的生物学者・民俗学者の精髄を伝える論文・エッセイ・書簡を精選し、博引される漢籍仏典を読み下し文にし、表記を現代風に改めて一冊に収めた、南方熊楠の世界への最良・最適のガイドブック。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やはり、南方さんの言葉だけで書かれている本は
    興味深いものだらけで、面白いです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1867年、紀伊国(現在の和歌山県)に生まれ、1941年に同地にて没する。在野の民俗学者、博物学者、生物学者として知られる。
著書に、『南方閑話』(坂本書店、1926)、『南方随筆』(岡書院、1926)、『続南方随筆』(岡書院、1926)などのほか、全集や選集、書簡集など多くの文業が刊行されている。

「2018年 『熊楠と猫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

南方熊楠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
アゴタ クリスト...
J.L. ボルヘ...
サン=テグジュペ...
夏目漱石
ポール・ギャリコ
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×