記憶の形象〈下〉―都市と建築との間で (ちくま学芸文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (463ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480083739

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 論文を書き終えた今だからこそわかる、本のすごさ。
    超第一線での槙さんのお言葉には強力な力を感じる。やっぱし代官山ヒルサイドテラスの素晴しさを超えるにはこれだけの知識量が必要なんだろうか。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1928年東京都生まれ。日本を代表する建築家。代表作に、《代官山ヒルサイドテラス》や、ワールドトレードセンター跡地の《4WTC》など。新国立競技場問題では、異議を最初に表明し、議論をリードした。

「2019年 『アナザーユートピア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

槇文彦の作品

記憶の形象〈下〉―都市と建築との間で (ちくま学芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする