世界宗教史〈8〉諸世界の邂逅から現代まで(下) (ちくま学芸文庫)

制作 : Mircea Eliade  奥山 倫明  深沢 英隆  木塚 隆志 
  • 筑摩書房 (2000年10月1日発売)
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480085689

世界宗教史〈8〉諸世界の邂逅から現代まで(下) (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっと読み終わった。1巻から全部で1ヶ月強もかかった。個人的には相当手強く,理解できない章も多かった。けどあとがきで何度も言及されているように,筆者とその弟子が命をかけて完成させた大作で,これ自体に神秘的な力が宿っているような迫力があったし,縦のつながりも横のつながりも,そしてつながりを意識するために必要なハイパーリンクも非常に充実していて名作でした。個人的にはどうしても宗教や信念というものはマルクス主義者のようにイデオロギーとして(つまり世界に意味なんてなくて,宗教は単に権力欲に奉仕するものとして)理解してしまうんですけど,それとは全く逆の,実は世界は隠された意味で満たされているんだという主張が何度も読まされることで頭の中に染み渡りました。面白かった。ちなみにラスト数章では,外国人から見た神道の解説や近代の世俗化過程に見られる宗教の課題など,やっといまの日本に直接つながる話がたくさん出てきて,これまで耐えてきたご褒美のようなテーマが続いて興奮することうけあい。

  • 【資料ID】119842
    【分類】162/E46/8

全3件中 1 - 3件を表示

ミルチア・エリアーデの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
ミシェル・フーコ...
トマ・ピケティ
ジェイムズ・P・...
ウンベルト エー...
有効な右矢印 無効な右矢印

世界宗教史〈8〉諸世界の邂逅から現代まで(下) (ちくま学芸文庫)はこんな本です

ツイートする