原典訳 マハーバーラタ〈4〉第3巻(179‐299章)・第4巻(1‐67章) (ちくま学芸文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (603ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480086044

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 原典訳マハーバーラタの四巻です。ヴィラータの章が好きだなー。パーンダヴァが変装してヴィラータ王の宮殿に住む話。

    そろそろ図書館に返さなくっちゃいけないのだけれど、本当は手元に置いておきたい。マハーバーラタは私にとって最高に愛しい物語だから。

  • この巻だけどう探しても家で見つからない。買いそびれ?うーーん。

  • 「森林の巻」の続き(マールカンデーヤとの会合、ドラウパディー強奪、耳環の奪取、火鑽棒など)と第4巻「ヴィラータの巻」(ヴィラータ・パルヴァン)。変装して過ごさなければならない追放の13年目、パーンダヴァ兄弟とドラウパディーはマツヤ国王ヴィラータのもとで過ごす。ユディシュティラは賭博師のバラモン、ビーマは料理人、アルジュナは踊りを教える宦官、ドラウパディーは髪結いの召使、ナクラは馬の調教師、サハデーヴァは牛飼いに化ける。至る所にある種のユーモアがあり、個人的にはベストの一冊。

全3件中 1 - 3件を表示

上村勝彦の作品

ツイートする
×