意識に直接与えられたものについての試論 (ちくま学芸文庫)

  • 筑摩書房
3.41
  • (4)
  • (6)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 158
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480087058

作品紹介・あらすじ

「あの苦しみはこの苦しみより大きい」、「これを欲するわたしとあれを欲するわたしとが衝突する」などと口にするとき、私たちは何を比較し、何を対立させているのか、ベルクソンは、人間の内的事象に固有の表現を、言語の限界線上に模索してゆく。感覚や情緒など互いに比較不能な純粋に質的な諸状態、それらが相互浸透する多様性、さらにその多様性が"持続"において展開する有機能組織化…。本書では、これらの考察を通じて、全く動的に再編された斬新な行為論・自由論が呈示される。『時間と自由』の通称でも知られるベルクソン第一主著の新訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ベルクソンの著書、純粋持続の考え方について知りたく、彼の思想の入門書を探したが本人の著書を読むほうが良いというような意見も見かけ、挑戦したが非常に難解だった。解説部分などで後からようやく意味を整理できたような側面もあり、是非再読したい。

  • 面白かった。初著作だけあって、ちょっと素人っぽいところもあったが、それがなかなかupliftingで好感が持てる。

  • 『創造的進化』を読んでから、ベルクソンをもっと読みたくなり、手にとった。本書のテーマは「自由」である。結論としては個々人の進展(具体的持続)での決断や表現が「自由」であり、定義不能であることが説かれる。「自由」が生きられるものではなく、まるで心のもつ「事物」として扱われるのは、「時間を空間化」することに原因がある。天文学者が数百年といった時間の計算を紙の上で数分でやってしまうのは、時間を持続として捉えず、空間化し、その同時性のみを問題にしているからだ。科学は予見を目的にしているのだ。なぜ時間を空間化すると、自由が否定されるのかということが、偶然性・予見・因果性の観点からくわしく解剖されている。第一章で展開される、フェヒナーらの精神物理学の批判も非常に面白い。第二章では『創造的進化』にも取り上げられているように、ゼノンのパラドックスが検討されており、運動を無限分割可能な空間と対応させることにパラドックスの根源をみている。このパラドックスに常識に依拠して思考したところが、ベルクソン哲学の一つの源泉なのだろう。ベルクソンが主張する持続は、中国思想では「生生」にあたるだろう。このようなナマの世界にふれた思想は普遍的に見いだされる。デジタル隆盛の現代にあっては、忘れてはならない思想であろう。

  • 高岸にもらった

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

アンリ・ルイ・ベルクソン(Henri Louis Bergson)
1859年10月18日 - 1941年1月3日
フランスの哲学者。ユダヤ系ポーランド人の父と、イギリス人の母の間に生まれる。19-20世紀フランスを代表する哲学者として、哲学のみならず文学や政治思想など幅広い分野で大きな影響を残した。1888年、空間化できない意識の流れ「持続」の立場から自由意志の問題を考えた博士論文、『意識の直接与件についての試論』(『時間と自由』の邦訳で知られる)を提出、翌年刊行。1896年、事物でもなく表象でもない中間的なもの「イマージュ」から心身問題を考察した『物質と記憶』、1900年には笑いの現象とおかしみの構造を語るエッセイ『笑い』を刊行し、広く読まれる。1907年には『創造的進化』を出版し、生物学的知見から生命の実在とその躍動、進化全体を説いて世界的な反響を呼んだ。第一次世界大戦中はアメリカへの外交使節としても活動。国際連盟「知的協力国際委員会」議長など公の業務が増えるが、1924年にリューマチの発作が起きて以降活動は狭まる。1928年、ノーベル文学賞を受賞。1932年に道徳と宗教の源泉を探り人類の課題を考察した『道徳と宗教の二源泉』、1934年には論文集『思想と動くもの』をそれぞれ刊行。1941年、風邪の悪化からの肺充血によって逝去。生前に本人は遺言書を遺し、非公式の手記、講義録、手紙などの出版を禁じていたが、現在、講義録や書簡集なども刊行され資料として供されている。

アンリ・ベルクソンの作品

意識に直接与えられたものについての試論 (ちくま学芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×