イコノロジー研究〈上〉 (ちくま学芸文庫)

制作 : Erwin Panofsky  浅野 徹  塚田 孝雄  福部 信敏  阿天坊 耀  永沢 峻 
  • 筑摩書房
3.59
  • (10)
  • (23)
  • (35)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 228
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480087218

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やや専門的。だが興味があれば相当楽しめる。個人的に時の翁とクピドの話がベスト。

  • 西洋の中世〜ルネサンス芸術はまさにアレゴリーの世界なので、こういう読み方が必要だ。
    この上巻は表紙がちょっとエロなので、家族に見られないように気を遣いました(^_^;)

  • 年代の多様な資料が使われていて面白かったけれど、求めていたところが主眼ではなかったのでちょっとガッカリ。古典神話モティーフがキリスト教の聖人たちのモティーフに掏りかえられたり、キューピッドが盲目の性格を与えられた時期があったとか。

  • 絵画の内的意味を、その社会的・歴史的・文献的な背景から解き明かす方法としての「イコノロジー」の確立をみた著作。

    ピエロ・ディ・コジモ、「時の翁」および「盲目のクピド」の3章。

  • 図像学の世界だと、かなり有名なパノフスキーの研究書です。
    実際参考文献として、この方の著書が使われている場合が多いので、読んでみてはいかがでしょうか?

イコノロジー研究〈上〉 (ちくま学芸文庫)のその他の作品

エルヴィン・パノフスキーの作品

ツイートする