東京風俗帖 (ちくま学芸文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480087393

作品紹介・あらすじ

物、姿、風情、時がたてばすべて無くなる。しかし、無くなってしまうことはむやみと残ることより一層面白い。そんな思いから、根っからの東京ッ子木村荘八が東京を自ら見、自ら体験し、失われた過去の美化ではなく、生き動く変容を活写した「木村風俗論」の集大成。本書収録の「東京の風俗」(昭和22年)から「東京繁昌記」(昭和33年)までの五篇で、敗戦の痛手から立ち直り、高度成長へと向かいつつあった東京、ひいては現代日本の実態が鋭敏に写し取られた。それは、明治の東京、近代日本の歩みのひたむきさ、おかしさ、かなしさへの共感とともに、他に類のない文明批評の書ともなっている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 明治期の東京の景観、風俗などについて、明治生まれの著者が昭和30年頃に記した文章である。洋画家、挿絵画家という職業柄、視覚的観点からの観察に優れていると思う。挿絵や図版も多く収録されているが、やや不鮮明であるのが残念である。

全1件中 1 - 1件を表示

木村荘八の作品

東京風俗帖 (ちくま学芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする