幾何物語―現代幾何学の不思議な世界 (ちくま学芸文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480091260

作品紹介・あらすじ

三角形や四角形、円がおりなす美しい性質や思いがけない不思議さは古くからファンを魅了してきた。また厳密な証明の学習材料としてとりあげられてもきた。そのユークリッド幾何学は幾度もの転換を経て、いまや現代幾何学へと大きな変貌をとげたが、そこにはどのような物語があったのか。ヒルベルトの幾何学基礎論、クラインのエルランゲン目録、非ユークリッド幾何学、トポロジーなど、学校幾何では触れられなかった話題がさりげなくひもとかれる。手を使い、作図し証明しながら、幾何のおもしろさにひたりつつ、そのもう少し先までを案内してくれる、現代数学から読み解いた幾何学再入門。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  幾何学は目で見える物を扱うため、おそらく一番とっつきやすい数学でしょう。しかしある程度高度な幾何学になると、もはや視覚的には理解しきれない抽象化された世界が広がります。そこからが本当の面白さだと思いますが、その一反を垣間見ることが出来る一冊です。

     まず最初にギリシア時代からある作図問題から始まって、ピタゴラスの定理と平行線の公理を解説、そこから非ユークリッド幾何学へと発展します。内容は特に難しくありませんが、きちんと証明の流れを追い掛けようとするとそれなりに落ち着いて読み進める必要があります。

     高校までの数学で教わらない非ユークリッドは馴染みの無い人が多いので、こういう解説書があるのは良いことだと思います。ただタイトルの付け方が良くないでしょう。極めて実直な数学読み物なのに、なんだかファンタジーみたいで誤解を招きます。それだけが少し残念でした。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1946年、群馬県に生まれる。東京教育大学大学院理学研究科修了。2011年、群馬大学教授を退職。現在、一数学愛好家として活動を続けている。専門は位相幾何学(トポロジー)。
『バナッハ‐タルスキの密室』、『トポロジー 柔らかい幾何学』(いずれも日本評論社)、『基礎の数学 線形代数と微積分』(朝倉書店)、『「無限と連続」の数学 微分積分学の基礎理論案内』(東京図書)、『はじめての現代数学』(早川書房)、『なっとくする集合・位相』、『ゼロから学ぶ数学の1,2,3』、『ゼロから学ぶ数学の4,5,6』(いずれも講談社)など、好評著書多数。数学を楽しんでもらうことを執筆のモットーとしている。

「2019年 『数学にとって証明とはなにか ピタゴラスの定理からイプシロン・デルタ論法まで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀬山士郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×