文化と抵抗 (ちくま学芸文庫)

  • 筑摩書房
3.69
  • (3)
  • (5)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 77
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480091369

作品紹介・あらすじ

「闘う知識人」が最後に言いたかったことは何か。排他主義的・分離主義的な西欧的価値観に鋭い異議を唱え続けたサイードが、反体制的な批評で知られる米国の独立ラジオ局から、長期にわたる継続的なインタヴューを受けてきたことはよく知られている。本書は、そのうちの1999年以降、逝去の7か月前までの肉声をまとめたものである。帝国主義と"テロリズム"の起源について、マスメディアの欺瞞、それに対抗する批判的精神、抵抗運動において文化が果たしうる役割について-。刻々と変化するパレスチナ情勢をとおして、20世紀を代表する思想家が語る。本邦初訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 9.11から10年と言うことで再読してみた。
    知識人というのは知識はあるけど役に立たない人のことなのではないかと思ってしまうほどの現実社会の中で、サイードのような知識人がいたことは僥倖であったのだと思う。
    ただいかんせん病を得るのが早すぎた。
    アフガニスタンが混迷し、イラクも正常な社会形成に至っているとはとても言えず、アラブとイスラエルも出口が見えない今を、サイードが生きていたらどう語るのだろうと思ってしまった。
    中東問題、テロリズムについて知りたいと考えている人は、ある側面からの見方を得るために必読。

  • 2010/5/1購入

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

エドワード・ワディ・サイード
(إدوارد سعيد, Edward Wadie Said)
1935年11月1日 - 2003年9月25日
エルサレム生まれのパレスティナ人で、アメリカの文芸批評家。エルサレム、カイロで幼少時を過ごし、15歳の時にアメリカに渡る。プリンストン大学を卒業後ハーバード大学に学び、コロンビア大学の英文学・比較文学教授を務めた。サイードはまた、パレスティナ民族会議のメンバーとしてアメリカにおけるスポークスマンを務め、パレスティナやイスラム問題についての提言や著作活動など重要な役割を担った。『オリエンタリズム』(平凡社)、『知識人とは何か』(平凡社)、『世界・テキスト・批評家』(法政大学出版局)、『文化と帝国主義』(全2巻、みすず書房)などの主著が邦訳されている。

エドワード・W.サイードの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎潤一郎
エドワード・W....
村上 春樹
ウラジーミル ナ...
エドワード・W....
エドワード・W....
エドワード・W....
エドワード W....
村上 春樹
E.W. サイー...
三島由紀夫
エドワード・W....
有効な右矢印 無効な右矢印

文化と抵抗 (ちくま学芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×