橋爪大三郎の社会学講義 (ちくま学芸文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.21
  • (2)
  • (9)
  • (17)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 155
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (369ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480091475

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1134円購入2011-02-09

  • ◆社会学、就中、理論社会学者が、他の専門領域に手を出した時に見える底の浅さ。社会学が他の社会科学を網羅することの弱点を露呈した90年代半ばの時事評論集◆

    2008年(底本1995、97年、初出1991~96年)刊行。
    著者は東京工業大学大学院社会理工学研究科教授、同大学世界文明センター副センター長(理論社会学、宗教社会学、現代社会論)。
    雑誌他のエッセイを集積した書。それ故か論理矛盾も一部に存在する。

     まず、➀社会学史概説(~92頁)は判り易い。一読の価値はある。

     しかし、➁大学論は疑問符がつく。
     著者は、そもそも大学とは思想を鍛え、構築し、創造し発見する場とする一方で、思想と消費生活、消費社会の原理とは両立し難いとも言う(312頁以下)。
     ところが、著者が諸手で賛成するのは、大学での競争原理の導入。さらには大学教育費用の学生=受益者負担の数倍程度の増大だ。
     後者は消費社会と消費生活の原理を、大学の教育システムに導入することであり、これらの論法ははっきり言って矛盾し、かつ愚考である。
     90年代にこのような愚考を一般にまき散らしたことが、その後、ゼロ年代以降の学生にどれほど負担を強い、かつ二極化を促進したか。許し難き存在である。若手研究者はこういう輩を糾弾すべきと思うほどだ。
     しかも、該テーマの論考の一部はトヨタ広報部の刊行書への寄稿である。まさかとは思うが、原稿料目的のポジショントーク?、学者に有るまじき行動?とは、流石に穿ち過ぎだろうか?。

     ただし図書館論(131頁以下)、特に大学図書館論。そして大学の組織改革論は、理解できる部分もある。前者はある程度の利用料の支払いは是としつつ、学外者にも使わせてほしいけれど…。卒業して判る大学図書館の有難さ…。


     そして、➃猥褻論。90年代半ばなのに、このような論を滔々と展開されても古いとしか…。表現の自由を強調し、ラディカルに展開される論者なら80年代前半にも展開していたレベルですが…。

     ➄オウム真理教論。時評としての重要性は否定しないが、オウム真理教が仏教教団の内実具備かどうかは、それほど重要なテーマだろうか?。
     むしろ、過去のカルト集団との比較の方が余程社会学的と思うけれど…。
     そういう社会学的に重要な要素に全く触れることなく、破防法論(破壊活動防止法)に言及し出してしまう。いくら何でも専門外だろうと思いながら読み進めると、そのお茶の濁し方に絶句してしまう。
     社会党(当時)の批判も流石に80年代前半なら先見の明ありとしたろうが、90年代のしかも半ばでは…

     続いて、➅思想概論。上っ面をなでただけという点はともかく、本書で指摘するほど思想の価値を強調し、金科玉条の如く遇することの危険性の方を、かえって危惧してしまう。


     まとめると本書は上記の➀のみ読めば十分。➅は好き好きで。その他は時間の無駄であると言わざるを得ない。

  • うーん。橋爪先生の言葉まで刺さるようになってきた。人類学の方が好きなのかも。

  • 最初の1冊に良さそう。

    動機づけがなく、いきなり
    中公新書『社会学講義―人と社会の学』富永健一著
    http://booklog.jp/item/1/4121012429
    を読もうとしても、続かないという方にピッタリ。

    入門ばかりでは、つまらないので、この2冊が終わったら、
    古典に進もう。

    最近はほとんどの古典が、岩波、講談社、ちくまなどで手に入る恵まれた日本。大学でなくても学ぶ気があれば、相当の事は知ることができます。

  • そろそろ覚悟を決めて、腰を据えて、本格的に古典を読む必要があるなぁ。

  • 読み終わった
    社会学専攻の友達に影響されて。
    世の中を社会学で分析するとどういう結論に達するのか。そういう疑問に答える入門としていい。ちょっと掴める物はふわふわしているけど、雰囲気は充分分かる。と思う。

  • 最近気になっている『社会学』という領域。
    社会学とは何かを、著者は基礎講座という章で丁寧に教えてくれる。
    社会学は、『でき上がった学問というよりも、「ものの見方」とでも言うべきものである。』

    まずはじめに、この本を読むことができて良かった。

  • 2008/09/04購入。私と社外学はまだつながっている、気がする。

  • メモ
    社会学ってなによ?を分かり易く説明している。大学入学と同時に読むのが最適かと。

  • 社会学講義だけれど専門くさくない本。
    非常に読みやすく、教養としての社会学といった感じですね。
    大学、家族、宗教に関して述べている本です。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

はしづめ・だいさぶろう 1948年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。社会学者。東京工業大学名誉教授。主な著書に『はじめての構造主義』(講談社現代新書)、『言語派社会学の原理』(洋泉社)、『政治の教室』(講談社学術文庫)、『面白くて眠れなくなる社会学』(PHP研究所)、『橋爪大三郎コレクション1~3』(勁草書房)、『丸山眞男の憂鬱』(講談社選書メチエ)、『政治の哲学』(ちくま新書)など多数。大澤真幸氏との共著に『ふしぎなキリスト教』『げんきな日本論』(ともに講談社現代新書)、『ゆかいな仏教』『続・ゆかいな仏教』(ともにサンガ新書)、『アメリカ』(河出新書)などがある。

「2019年 『小林秀雄の悲哀』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橋爪大三郎の社会学講義 (ちくま学芸文庫)のその他の作品

橋爪大三郎の社会学講義 単行本 橋爪大三郎の社会学講義 橋爪大三郎
橋爪大三郎の社会学講義 単行本 橋爪大三郎の社会学講義 橋爪大三郎

橋爪大三郎の作品

橋爪大三郎の社会学講義 (ちくま学芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする