マルセイユのユニテ・ダビタシオン (ちくま学芸文庫)

  • 筑摩書房
3.38
  • (1)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 60
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480092748

作品紹介・あらすじ

20世紀最大の建築家ル・コルビュジエは、フランスのマルセイユに「ユニテ・ダビタシオン(住居単位)」という名の巨大集合住宅を設計した。本書は、ル・コルビュジエが、最も重要なこの自作について、基本理念とプランを解説したものである。長らく原書でも読めなかった幻の著作に、詳細な解説を付した、文庫オリジナルの新訳。図版多数。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • マルセイユのユニテ・ダビタシオン (ちくま学芸文庫)
    (和書)2011年05月22日 14:13
    ル・コルビュジェ 筑摩書房 2010年2月9日


    集合住宅についてのコルビュジエの考察が読める。

    一通り読んでみる。

  • 訳:山名善之、戸田穣、原書名:L'UNITÉ D'HABITATION DE MARSEILLE(Le Corbusier)

  • 「太陽、空間、緑」
    「住む、とは今日、よく理解されていない概念のひとつ」
    「近代の道とはつまり、そのまま先史時代の道に他ならない」
    日本語訳がいけてないから読みにくくて。

  • ユニテ・ダビタシオン(フランス)は、現在の鉄筋コンクリート造の集合住宅の原型となっているが、計画当時は気狂い住宅として酷評。コルビュジェは、この頃から住宅の規格化や量産化を強く意識していた。また、モデュロールの数学美については、かのアインシュタインも絶賛していたことが面白い。

全3件中 1 - 3件を表示

ル・コルビュジェの作品

マルセイユのユニテ・ダビタシオン (ちくま学芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×