近代ヨーロッパ史 (ちくま学芸文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.42
  • (4)
  • (7)
  • (9)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 131
感想 : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480092991

作品紹介・あらすじ

ヨーロッパの近代は、その後の世界を決定づけた。現代の繁栄も混迷もここに発し、21世紀になってなお世界が解決に苦闘する難題もまた、ここに源をもっている。では、なぜそのようなことになったのだろうか。教科書で習った近代ヨーロッパの重大事件、アメリカ合衆国の独立や、フランス革命、産業革命などは、私たちの生きる現代世界にどのような影響を与えているのだろうか。複雑で多様な要素からなる歴史を解きほぐし、個々の出来事の知識だけからは計り知れない近代ヨーロッパのインパクトの意味と深さを、平明かつ総合的に考える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「近代ヨーロッパの歴史的展開を、世界史のなかでのその位置取りと役割とを見落とすことなく、その大きなポイントにおいて捉えてみよう、というのが、本講義の目標である(本書は放送大学の教材として刊行されたもの)」。18〜20世紀の記述が多くを占め、「一九世紀は世界史における「ヨーロッパの世紀」といってもよい時代になる」と19世紀ヨーロッパを位置づけている。本書で中心的に取り上げる時代の前史として、15世紀の歴史から記述がはじまっている。著者は、19世紀は現代(21世紀)の暮らしなどの原型ができた時代。我々が馴染んできた生活やその前提となる技術や科学的解明は19世紀後半から20世紀のはじめにつぎつぎと姿を現した、と重要視している。ヨーロッパ史がドラスティックに展開するこの時期に関心が強い方は興味深く読めるかもしれない。もともとが放送大学の教材であった性格上、やや教科書的な印象も受けるが、高校の世界史で学習した人名や用語が出てきたりして、改めて勉強や復習になった部分もあった。

    余談だが、歴史学を勉強する者にとって、改めて大切なことが書かれている箇所を紹介したい。

    「ルイ16世を国王とする王政が転覆する事態になるとは、ことが起こるまでは、同時代には誰も考えていなかった。われわれは、ことが起こったあとの展開をあらかた知ってしまっているので、あたかも革命は起こるべくして起こった、と単純に考えてしまいがちであるが、決してそう簡単ではなかったことに、気をつけるべきである。」104ページ。

  • このテーマを1冊でまとめることに無理を感じたが、大きな流れをつかむには勉強になった。

    ・14世紀にペストが大流行した後、15世紀半ばから17世紀半ばにかけて人口は増加したが、17世紀半ばからは気候の寒冷化を背景として疫病・飢饉・戦争の三悪によって人口は再び停滞した。
    ・18世紀に北西ヨーロッパで経済成長が始まった要因は、マメ科植物の導入や畜産との併用などによる農法の技術改良によって食糧事情が好転したこと、それに伴って人口が継続的に増加したこと、ギルドなどの同業組合が衰退して職業活動が自由になったこと、経済活動がヨーロッパ外へ膨張したことがあげられる。
    ・イギリスでは、17世紀にピューリタン革命による一時的な共和体制の実現を経て、名誉革命による立憲王政を確立し、安定した政治体制を実現したことが、経済的に展開する重要な基盤となった。また、オランダでは、スペインから独立して以来、商業に携わる有力者たちが政治的な支配層を形成していた。
    ・イギリスとオランダ以外の18世紀のヨーロッパは、既存の王権に基づいた政治体制を変更することなく社会経済の動きをあらたにする啓蒙専制の時代になっていったが、中途半端な展開に終わり、フランスでは政治体制が革命的に変化することになった。
    ・18世紀後半からの産業革命によって、イギリスは圧倒的に有利な立場に立ったため、後発の多くの国家は保護関税体制と政府主導による産業育成政策をとる殖産興業や、生産のための原料と市場を確保するための強兵政策を採用した。

  • 「教科書みたいだなぁ。授業で使うように書いたのかなぁ」と思って読んでいたら本当にそうでした。放送大学の教科書的なものであったらしい。
    私も別の通信大学のレポートで読みました。
    近代ヨーロッパ史を手放しで賞賛するでもなく、全面的に否定するでもなく、多面的に捉え直す。そんな講義になっていました。19世紀って書いてあるけども18世紀途中から〜20世紀初頭を網羅する内容。
    プラスの面とマイナスの面と双方に触れ、双方を思考の材料にすること。中々難しいけども、これは歴史に関わらず全てのことに言えるかなと思った。

  • ちくま感のある近代ヨーロッパ史

  • 浅いですなぁ、この内容は。と思っていたら放送大学の講義なんですね。
    ただ大学の講義でもこのレベルの内容が結構普通に話されていたりした記憶があって、あかんですよね、こういうのは、正直申し上げまして。大学と名乗るのであるならもうちょっと尖がってもらわないと、という気持ちがあります、当方は。

  • 新書文庫

  • [広大で深遠な潮流]思想的にも科学的にも、現在の世界の外郭の形成に大きな影響を与えたヨーロッパの近代。それがいかなる力に導かれた時代であったかを明らかにするとともに、今日に残る正と負の側面を多様な観点から捉えた一冊です。著者は、学習院大学長を務められた福井憲彦。


    講義用に作成したものを編集したというだけあり、要点がしっかりまとめられた良書だと思います。網羅的である一方、ヨーロッパ近代とは何かという本質的な問題に対しても正面から向き合っており、本書を足がかりにヨーロッパの広大な歴史に一歩踏み出すのも悪くないのではないでしょうか。図や表なども要所要所でわかりやすさを高めるために使用されており、歴史に興味がある方にはもちろん、とっつきにくさを覚えている方にもオススメできる作品です。


    ある一つの見方に拘泥してヨーロッパを捉えるのではなく、下記の筆者からの提言に表れるように、著者自身が多面的にヨーロッパを眺めている点にも好感が持てます。時代的にも分野的にも幅広く記述がなされているため、個々のテーマや国・地域に対する深みが足りないと思われる方もいるかもしれませんが、巻末の参考文献も充実していましたので、その点も「抜かりがない」つくりになっているのではないでしょうか。

    〜近代ヨーロッパの歴史を捉えるには、捉える側が複眼的な見方を容易してみなければならない。〜

    バランスがとれてました☆5つ

  • 著者があとがきでも書いているように、講談社の興亡の世界史13巻とほぼ同じ構成。ぱらぱらとめくった感じでは、
    ホダースの『ジン街』の図版も同じものが使われている。
    入門者向けのように思えたので、読まなかった。ただし参考文献は役に立ちそう。

  • 2013.11.5
    わかりやすく、読みやすい。
    大航海時代から第一次世界大戦のヨーロッパのどの部分を授業で取り上げるかを迷えば、この本を参考にするとよい。少ない事例で、端的にサラッと説明してくれている。複眼的に捉える大切さも何度も強調しており、信頼できる。

  • 近代欧州の大きな流れを知れる素晴らしき良書。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

福井憲彦

学習院大学名誉教授。1946年(昭和21年)、東京都に生まれる。東京大学文学部西洋史学科卒業、同大学大学院人文科学研究科博士課程中退。東京大学助手、東京経済大学助教授、学習院大学教授・学長などを歴任。日仏会館理事長。専門はフランスを中心とした西洋近現代史。著書に『カラー版 地中海都市周遊』(共著)、『世界の歴史21 アメリカとフランスの革命』(共著)、『ヨーロッパ近代の社会史』『歴史学入門』『近代ヨーロッパの覇権』『パリ 建築と都市』(共著)など。

「2021年 『物語 パリの歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福井憲彦の作品

近代ヨーロッパ史 (ちくま学芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×