ロラン・バルト モード論集 (ちくま学芸文庫)

制作 : Roland Barthes  山田 登世子 
  • 筑摩書房
3.71
  • (4)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 175
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480094100

作品紹介・あらすじ

初期の金字塔『モードの体系』当時のロラン・バルトは、ソシュールによって提唱された記号論的方法を探り、モードをその研究対象として、多くのエッセイを残している。モード界の2人のヒーローを対決させる「シャネルvsクレージュ」、装いの卓越性について語る「ダンディズムとモード」、衣服史研究の方法論をめぐる「衣服の歴史と社会学」、モード誌の表現からその意味作用を探る「今年はブルーが流行」など13本を収める。緻密かつ鮮やかにモードという日常の現象を分析してみせる1冊。新訳・オリジナル編集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 哲学
    思索

  •  ロラン・バルトだし〜、ちくま文庫だし〜と手に取ったが、そこいらへんの雑誌に書き捨てたような文章ばかり。鷲田清一の「ちぐはぐな身体」のような深い考察を期待したのは間違いだった。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784480094100

  • 第一部を読んで、画期的な名訳と思いきや、第二部の特に「今年はブルーが流行」の論などは、何が書いてるのかほとんど意味ぷーであった。
    編訳者あとがきには、「翻訳は、とくに第二部に収めた論について難航をきわめた」とあった。それだけ原文が難しかったということなのである。と言うか、記号学というのは、かように「手ごわいテクスト」なのである。
    それでも、これだけの訳業を成し遂げた編訳者に拍手!

  • 衣服が真に意味するものになるには、それが人間の言語に担われているときのみである。衣服を考えることは、衣服の中に言語を持ち込むことである。豊かに見える衣服文化は、言語で形作られた文化である。

  •  例の大著『モードの体系』を周回するアステロイドのような小品群。
     前半は本当に軽やかなエッセイ集で、後半は『モードの体系』の草稿みたいな論考。
     ロラン・バルトのいつもの軽くしなやかな、機知にみちてエロティックでさえある文章が素晴らしい。

     バルトはたとえば「セーターそのもの」は、モードの記号体系にとっては「指し示されている対象」であって、記号論が繰り広げられるのは その下位に属するさまざまな記号/意味である。
     単なる機能的道具としての衣服は意味の次元にはないが、社会的人間は衣服を「意味作用」として活用する。ここにモードが出現する。
     この経緯は「音楽」と同様だ。音自体は限りなく多義的であるか、もしくは石ころのように非-意味なのだが、それが人間社会にとりこまれるとき、多用なコードの「意味作用」に巻き込まれる。
     衣服のデザイナーも、作曲家も、非-意味なる「もの自体」と、「意味作用の可能性」との境界の位置に立っていることに違いはない。彼らは結局、もの自体=自然に意味付与するだけの存在なのだろうか? しかしこの「意味/記号性」は、やはり社会が規定するラングから借りてきているにすぎないのだろうか?

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

フランスの批評家・思想家。1953 年に『零度のエクリチュール』を出版して以来、現代思想にかぎりない影響を与えつづけた。1975 年に彼自身が分類した位相によれば、(1)サルトル、マルクス、ブレヒトの読解をつうじて生まれた演劇論、『現代社会の神話』(2)ソシュールの読解をつうじて生まれた『記号学の原理』『モードの体系』(3)ソレルス、クリステヴァ、デリダ、ラカンの読解をつうじて生まれた『S/Z』『サド、フーリエ、ロヨラ』『記号の国』(4)ニーチェの読解をつうじて生まれた『テクストの快楽』『彼自身によるロラン・バルト』などの著作がある。そして『恋愛のディスクール・断章』『明るい部屋』を出版したが、その直後、1980 年2 月25 日に交通事故に遭い、3 月26 日に亡くなった。没後も、全集や講義ノート、日記などの刊行が相次いでいる。

「2018年 『声のきめ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロラン・バルトの作品

ロラン・バルト モード論集 (ちくま学芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする