万葉の秀歌 (ちくま学芸文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
4.20
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (542ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480094575

作品紹介・あらすじ

宮廷の貴族が、秘めた愛や篤き友情を詠み交わした「相聞歌」。防人が異国の地で望郷の想いをうたった「防人歌」。農民が戯れに紡いだユーモアあふれる「東歌」。古えの日本の心を豊かに伝えてきた『万葉集』全4500余首より珠玉の252首をセレクト。万葉研究の第一人者があらゆる地域、階層の万葉人の心に寄り添い、歌に隠された数々のドラマや四季折々の日本の風景に想いを馳せながら、丁寧に味わい、深く読み解く。巻一から二十まで順を追って辿り、それぞれの巻の歴史的背景や、用語などの基礎知識を学びつつ鑑賞できる『万葉集』解説の決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 巻一から巻二十までを通しで読む前に摘み食いする気分で全体像を掴むことができる。相聞歌のなかでも女歌と言われるもののうつくしさ。旋頭歌の巻き起こる労働風景。東歌で強気に笑う男達。秀歌といえどもこれだけの数を見ていくと好きな歌人、違和感を覚える歌人、てんで心に響かない歌人など自らの趣向が明らかになる。気に入った歌人の歌を、もっと読みたい。

  • 書店で見つけて手に取った。分厚い。

    万葉集4500余首から、252首を取り上げて詳説した読みもの。古語や文法の解説には寄らず、高校生程度の古文の語彙や知識があることを前提として直截に鑑賞に踏み込んでいるため、文法学習には向かない。
    巻二十をそれぞれ1章とし、その巻の成り立ちや特色も述べている。万葉集全首が載った別の書籍を傍らにして、自分好みの巻だと直感したら本書に紹介されていない他の歌も鑑賞してみると楽しいだろう。楽しかった。
    ボリュームがあるので一気読みはせず、3、4章ずつ6日かけて読んだ。本書を読むまでは詰まらないように思えた歌が急に輝いて見えて戸惑うこともあった。文芸を味わうには、やはり前提知識というのは重要だ。高級料理店で食べる刺身と同じものでも、四畳半の卓袱台でポリ容器から移しもせず割り箸で食べたとしたら、やはり味わいは違ってくる。全てを味わうための知識の下敷きがないことが悔しい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

中西進(京都市立芸術大学名誉教授)

「2013年 『生誕100年佐藤太清展』 で使われていた紹介文から引用しています。」

万葉の秀歌 (ちくま学芸文庫)のその他の作品

中西進の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする