公衆とその諸問題: 現代政治の基礎 (ちくま学芸文庫)

制作 : John Dewey  阿部 齊 
  • 筑摩書房
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480096067

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み直したさ:★★☆
    結果(あるいは事実)から粘り強く続ける民主主義の分析。観念からの出発を徹底的に否定。意見・目的を創るコミュニケイトに不可欠なものとしての表現の自由。
    〈感想〉
    ところどころでハイエクに似た考えをしているように感じた。しかし,デューイはあくまで個人主義にも全体主義にも組さない(一つの観念を据えることの否定)ことからすれば,根本のところでは違うのだろう。ただ,全体主義を否定する理由という意味では大きく異ならないのではないか。
    彼の思考方法に付き合って読むのは疲れたが,最後には慣れたので,また機会があれば読み直したい。他の本を読む時にも役立つ思考方法だろう。

  • 民主主義はその「ホーム」から始まる。この意味が分かれば充分である。それにしてもデューイのいう公衆とは結局なんだったのか。たしかにその問題群のあつまりかもしれないが、その手が公務員に委ねれた今、私たちはいったいなにをすればいいのだろうか?コミュニタリアンの身としては消化不良の一作。と、いうかデューイは生涯でその答えをだしきれてない。トクヴィルが中間集団について語ったがそこまで踏み込む必要があるのでは?

  • ジョン・デューイ『公衆とその諸問題 現代政治の基礎』ちくま学芸文庫、読了。飛躍的に複雑化した機械化と画一化を特徴とする現代社会において、人間の息吹汲み取る民主主義は果たして可能なのか。本書はリップマンが『世論』『幻の公衆』で提起した問に応答し、民主主義の可能性を探求する一冊。

    大衆社会は、必要な知識にもとづき判断を行う公衆という近代市民社会の前提を破壊したという点でリップマンに同意する。リップマンは世論操作の危険性への注意から、専門家の役割を強調し、公衆の政治参加を限定的に捉えるが、デューイはそうではない。

    選挙民が不安定な集団を彷徨う現代においてローカル・コミュニティにおける自治の再生は不可能であろう。リップマンの危惧を共有しつつも民主主義への期待は失わない。復古再生ではなく、現在の共同体に等身大のむしろ新しい民主主義を構想する。

    「もっと民主主義を!」 複雑化したのは社会だけではない。複雑化し寄る辺なき人々に自らの政治的有効性の感覚を回復させる為には、様々な思いや利害を再組織化することから出発する。制度や精神を固定化しない柔軟な思考が一貫することに驚く。

    悪しき形而上的思考は、例えば国家の起源に目を向け足元を救われがちだが、「国家の形成はひとつの実験過程であらざるをえない」し、民主主義のあり方も同じである。唯一の正しいあり方を探求するよりも、現実世界での試行錯誤に注目する思考だ。

    デューイは情報の公開と共有を強調、その基礎の上に成り立つコミュニケーションによる連帯、そこから立ち上がるアソシエーションと習慣による社会の内在的変革(公衆の再生)に民主主義の可能性を見出す。原著は1927年、今読むべき本。

  • 国家の成立、「公衆」、個人主義と民主主義、共同社会生活等々。1927年に書かれたこのデューイの本は、さいきんの私の主要な関心事にとても近く、読んでいて考えこまされる場面もたくさんあった。
    しかしこの本はどうも、予想外に難解な文章で、なかなかデューイの主旨をつかみきれず、なんだか上の空で読み流してしまった。
    たぶんとても良い本なのに、私が無意味にやり過ごしてしまったのである。これは再読しなければならない。

全5件中 1 - 5件を表示

公衆とその諸問題: 現代政治の基礎 (ちくま学芸文庫)のその他の作品

公衆とその諸問題 単行本 公衆とその諸問題 ジョン・デューイ

ジョン・デューイの作品

公衆とその諸問題: 現代政治の基礎 (ちくま学芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする