解説 徒然草 (ちくま学芸文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.90
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 82
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480096364

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読みやすい解説・現代語役訳分とイラスト付きで面白く読めました。
    衣食住や金銭、人間関係、男女関係、政治や芸能関係までありとあらゆるジャンルの教訓たるものが書かれているけれど、押し付けがましくなくて交換的でした。

  • 著者:橋本武(1912-2013、宮津市、国語教師)

  • 70の話が載っており、解説・イラストもあるため読みやすいです

  • 2014/12/13図書館から借りてきた。
    2015/1/12返却。

  • いい本です。たくさんの段に触れられているためまだ読み切っていません。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

明治40年(1907年)生まれ。大正12年(1923年)、母の身上をご守護いただきお道を知る。14年、創設された天理外国語学校へ第1期生として入学。華南伝道庁長、宣教部海外課長、亜細亜文化研究所(後のおやさと研究所)主任、道友社長、にをいがけ委員会広報放送係主任など歴任。昭和30年(1955年)、本部准員。37年、斐山(ひざん)分教会長。46年、65歳で出直し。

「2021年 『出直しの教え 死の救い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橋本武の作品

ツイートする
×