工場日記 (ちくま学芸文庫 ウ 5-3)

  • 筑摩書房
3.87
  • (5)
  • (10)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 328
感想 : 15
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480096463

作品紹介・あらすじ

人間のありのままの姿を知り、愛し、そこで生きたい――女工となった哲学者が、極限の状況で自己犠牲と献身について考え抜き、克明に綴った、魂の記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とてつもない本だった。シモーヌ・ヴェイユという人物はとても偉大な女性だ。
    この本の最初200数ページほどは、素朴な日記、あるいは日誌のような形式で書かれている。淡々と書かれた中に、職場の人間関係や、思ったことが散りばめられている。そして、最後の数十ページは、彼女が宛てた手紙が載せられている。わたしはこの手紙の部分にもっとも息を呑んだ。文章から受ける印象は、日誌の文体と手紙の文体ではかなり違うように思う。やさしさの度合いというか、温もりというか。日誌における言葉と、手紙における言葉はやはり何かが違う。何が原因かは、一考の価値あり。

  • 考えることが削られていく感覚の描写が、読んでいて辛い。
    こういう生々しい労働の現実を知らずに、あれこれ哲学したり、倫理的に考えたりすることは、虚しいことなのではないかと思う。

    医師や看護師が働く現代の病院にも当てはまるよね?と思った。

  • 同じ頭痛持ちとして、頻出する頭痛の訴えがとにかく胸に迫り、痛ましかった。私には無理だ…。
    他者という人間を人間扱いする、こんなシンプルなことが実は非常に難しく、私たちは誰一人としてできていないことを日々痛感している。せいぜい、半径1mの手が届く人間のことしか本当に「人間」としては考えられない。コミュニティを形成して生きる人間のそうした致命的な欠陥に、机上の哲学ではなく全身全霊の愛をもってぶつかり、当事者意識という言葉を超えた実践を行った人だ。

  • ヴェイユが過酷な工場労働をし、最終的には1日当たりのネジの数ばかり記録している痛ましい記録。最後の方の手紙でぎりぎり体裁を保っている感じだ。

  • 初めてシモーヌ・ヴェイユの本を読んだ。『工場日記』の過酷な労働からの疲労で「考えることができない」という部分はすごく共感した。女生徒に向けた手紙は自分に向けられたメッセージかと思うような部分があった。

  • シモーヌ・ヴェイユが工員として実際に工場で働いた時期の記録。
    『重力と恩寵』同様、これも彼女が遺したノートを編集したものであるが、生々しいのは寧ろこちら。1930年代の工場では、どのような環境で、どのように人々が働いていたのか……という一級の資料でもある。

  • 【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/738035

  • 労働環境の劣悪さ。隷属状態。当時の工場労働者の悲哀がリアルに伝わってくる。苛烈な抑圧による思考停止。そこれは現代社会にも置き換えられるものだ。

  • ◆3/19オンライン企画「本を読む、物を書く、編集する」で紹介されています。
    https://www.youtube.com/watch?v=BYxKpp0F3zI

    本の紹介
    https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480096463/

  • 3.91/211
    内容(「BOOK」データベースより)
    『新進のうら若き女性哲学教師が教職をなげうち、未熟練の女工として工場に飛び込んだのは、市井の人びとの疎外状況を身をもって知るため、というだけではなかった。「人間のありのままの姿を知り、ありのままを愛し、そのなかで生きたい」という純粋かつ本質的な欲求による、やむにやまれぬ選択であった。だが、現実には激しい労働と限りない疲労に苛まれ、心身は限界に達する。過酷な日々を克明に綴った日記は問いかける、人間性を壊敗させる必然性の機構のなかで、はたして人間本来の生は可能なのか―。これは極限の状況下でひとりの哲学者が自己犠牲と献身について考え抜いた、魂の記録である。』


    目次
    序文(アルベルチーヌ・テヴノン)
    工場日記
    断片
    アルベルチーヌ・テヴノン夫人にあてた手紙三通
    ある女生徒への手紙
    ボリス・スヴァリーヌへの手紙
    Xへの手紙の断片
    解説(田辺 保)
    シモーヌへの手紙(田辺 保)


    「 序文
    ロワール県の革命的サンディカリストの小グループが、一九三二年、シモーヌ・ヴェイユという人を知るようになったことは、なんら偶然の出来事ではない。彼女自身も語っているように、はやくから彼女は、社会的な不正義にいきどおりを感じていたし、本能的に、恵まれない人たちの味方についてきたのであった。こういう道をえらび、最後まで一貫してその道をつらぬいたことが、彼女の生涯に一すじの純粋さをしるしづけている。」

    著者:シモーヌ・ヴェイユ (Simone Weil)
    訳者:田辺 保
    出版社 ‏: ‎筑摩書房
    文庫 ‏: ‎287ページ


    メモ:
    ー抜粋ー
    『炭坑夫たちと交わり、失業者の受ける給与で生活し、労働運動について考え、執筆するというだけでは、彼女は満足できなかった。……何よりも大切なことと思われたのは、労働と労働者の関係を内部から探求することであった。この点を完全に知るためには、自分自身が労働者にならずには不可能であると、彼女は思った。そこで、彼女は女工になる決心をしたのであった。』13P

    『ひどい疲れのために、わたしがなぜこうして工場の中に身をおいているのかという本当の理由をつい忘れてしまうことがある。こういう生活がもたらすもっともつよい誘惑に、わたしもまた、ほとんどうちかつことができないようになった。それは、もはや考えることをしないという誘惑である。それだけが苦しまずにすむ、ただ一つの、唯一の方法なのだ。』58p

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

(Simone Weil)
1909年、パリに生まれ、43年、英・アシュフォードで没する。ユダヤ系フランス人の哲学者・神秘家。アランに学び、高等師範学校卒業後、高等学校(リセ)の哲学教師として働く一方、労働運動に深く関与しその省察を著す。二度転任。34─35年、「個人的な研究休暇」と称した一女工として工場で働く「工場生活の経験」をする。三度目の転任。36年、スペイン市民戦争に参加し炊事場で火傷を負う。40─42年、マルセイユ滞在中に夥しい草稿を著す。42年、家族とともにニューヨークに渡るものの単独でロンドンに潜航。43年、「自由フランス」のための文書『根をもつこと』を執筆中に自室で倒れ、肺結核を併発。サナトリウムに入院するも十分な栄養をとらずに死去。47年、ギュスターヴ・ティボンによって11冊のノートから編纂された『重力と恩寵』がベストセラーになる。ヴェイユの魂に心酔したアルベール・カミュの編集により、49年からガリマール社の希望叢書として次々に著作が出版される。

「2011年 『前キリスト教的直観 甦るギリシア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シモーヌ・ヴェイユの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミラン・クンデラ
チャールズ・ブコ...
ホルヘ・ルイス ...
ヴィクトール・E...
ウンベルト エー...
アンナ カヴァン
村田 沙耶香
ポール・オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×