仮面の道 (ちくま学芸文庫)

  • 筑摩書房
3.50
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 115
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480096470

作品紹介・あらすじ

北太平洋西岸の原住民が伝承する仮面。そこに反映された神話世界を、構造人類学のラディカルな理論で切りひらいて見せる。増補版を元にした新版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 北米西海岸に点在するネイティブアメリカンの各部族の仮面の類似と差異からの思考。
    難しい…けど面白かった。
    他の文化に対する同意や批判から、文化が発達する。
    同時代の異文化間という横の関係でもそうだし、同地の年代という縦の関係でもそう。
    たった一人の独立した芸術などはありえない、という箇所に頷く。
    これまでの積み重ねを学んでこそ、新しいこともできるんだよね。

  • レヴィ ストロースのアクロバティックな思考。
    刺激的です。ただ、やや難解ではある。ビートに乗る感覚で繙読すると宜しいかと思われる。ので、ドラムンベースを聴きながら読みました。

  • 【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/738034

  • 『野生の思考』『神話論理』などよりも後の、1977年の著作。構造分析の方法論をすでに確立していて、それをアメリカ先住民の「仮面」とそれにまつわる神話の研究に適用するという内容になっている。上の2作品は読んでいないけれど、具体例からイメージをつかむという意味で先にこちらを読んだのは良かったかも。
    さまざまな神話が紹介されているが、それぞれは一見すると支離滅裂で、単体で読んでも理解できない。が、神話が伝承されるときには「反転」が生じるという法則に照らし、数多く分布する別の神話と比較することによって、そこに通底する世界観が浮かび上がる。
    仮面の造形についても同様の規則が当てはめられる。仮面が持つ様々な造形上の特徴は、単体で見るとただ奇怪なものとしか映らないが、他の仮面との対照として見てみることにより、明確な意味を持つことがわかってくる。
    一見すると摩訶不思議で理解不能な仮面やそれにまつわる物語から浮かび上がるのが、「適切な距離での結婚 (近すぎず(=近親相姦)、遠すぎず(=異種、異民族))」といった、社会秩序を保つための基本的なテーマだったりするところにエモみを感じる。神話の醍醐味という感じ。
    訳文が読みにくいのが玉にキズだが(レヴィ=ストロースの文体そのもののせいもある?)、構造分析の実例を知ることができる比較的手軽な本でありつつ、人類学の楽しさを存分に感じられたので、よい読書体験だった。

  • レヴィ=ストロースの、『神話論理』以後の、いくつかある小型で単発の著作の一つである。『やきもち焼きの土器作り』など、この辺のレヴィ=ストロースの本はなかなかに楽しいのだが、本書もやはりそうだった。
    目や口などの部分が飛び出している男性の仮面と、目や口などが穴になっている女性の仮面。このいかにも対になった仮面が、やはり神話論的に対になっているという構造を明らかにしている。
    『神話論理』で示された「生のもの」と「火を通したもの」という対の構造もそうだが、レヴィ=ストロースは、人類に共通の普遍的な思考として、対義語ペアリングの図式にいつも到達するようだ。
    ただ楽しみに人類学の本など読んでいるだけの私には、果たしてそのような「普遍的思考」が真実なのかどうか、結論を出すことはできない。本書に展開されているレヴィ=ストロースの理論についても、それが妥当なのかどうかは判断できない。一読者としては、しばしば論理的な緻密さを欠いているように思える節が多い彼の言説は、学会において必ずしもただちに承認されることはないのではないかと心配になる。
    にも関わらず、クロード・レヴィ=ストロースの本は大好きだ。彼は先人には思いもよらなかった思考の飛躍によって、神話から一気に、思考の抽象的な図式を導き出してしまう。そうしてひらけてくる光景は、美しい抽象画のようにシンプルである。
    精神分析のジャック・ラカンもそうだが、20世紀フランスの「構造主義」と呼ばれる付近の著書は、それぞれの専門領域における学界の評価を超越してしまって、哲学−思想界の「知」の領域で大反響をもたらした。
    レヴィ=ストロース、ラカン、フーコー辺りは私は大好きで、彼らからの薫陶抜きにしては私の思考は成り立ち得なかった。
    彼らにデリダやドゥルーズ辺りも含め、いま客観的に20世紀フランスの流行?思想を捉え直してみると、それらは厳密な知の妥当性を超えて、従来のルールを超えて自由に紡がれた思考の強靭さが何よりも魅力となっており、言説それ自体が「真理」の深みを示しつつも、別の見方をするならその言説全体のあからさまな「虚構性」をも体現し、両義性において引き裂かれた「知」という不条理を開示しているように思えるのだ。我々は彼らの書物によって、「知とは何か」というおおきな謎の混迷にめまいを覚えつつ、その虚構じみた軌跡に快楽を覚えるのである。
    レヴィ=ストロースの書物は快楽である。
    本書について補足すると、仮面等の写真がなかなか楽しく、興味深い。しかし全部白黒なのが寂しかった。多少高価になっても構わないから、巻頭に数ページ、カラーの口絵を入れて欲しかったような気がする。

  • 先住民族の伝承と仮面。
    伝承というのは得てして不条理なものが多いが、掲載された仮面の造形と一緒になると、独特の魅力を発していると思う。
    こういう造形は面白いなぁ。

  • 筑摩書房の新刊紹介から

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1908年11月28日ベルギーに生まれる。パリ大学卒業。1931年、哲学教授資格を得る。1935年、新設のサン・パウロ大学に社会学教授として赴任、人類学の研究を始める。1941年からニューヨークのニュー・スクール・フォー・ソーシャル・リサーチで文化人類学の研究に従事。1947年末パリに戻る。1959年コレージュ・ド・フランスの正教授となり、社会人類学の講座を創設。1973年アカデミー・フランセーズ会員に選出される。1982年コレージュ・ド・フランス退官。2008年プレイヤード叢書(ガリマール社、フランス)全1冊の著作集Œuvres刊。2009年10月30日、100歳で逝去。著書『悲しき熱帯』(1955)〔全2巻、中央公論社、1977、中公クラシックス、2001〕、『野生の思考』(1962)〔みすず書房、1976〕、『神話論理』四部作『生のものと火を通したもの』(1964)〔みすず書房、2006〕『蜜から灰へ』(1966)〔みすず書房、2007〕『食卓作法の起源』(1968)〔みすず書房、2007〕『裸の人』(1971)〔二分冊、みすず書房、2008/10)他。

「2023年 『構造人類学 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

クロード・レヴィ=ストロースの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×