ポランニー・コレクション 経済と自由:文明の転換 (ちくま学芸文庫)

  • 筑摩書房
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 76
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480096661

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • カール・ポランニーの多様な文章や講義録等を集めたアンソロジー。
    経済人類学者としてのポランニーらしいテーマのものは、最初の方の幾つかであろう。後は哲学から政治まで、実に様々な論考が収められている。
    いずれもほぼ20世紀前半に書かれたもので、中では理想論的「平和主義」を批判しているところが気になった。もちろん戦争を肯定するわけではなく、「現実主義者」をも批判しているのだが、「戦争という制度」はなくならない、とポランニーは見ている。その分掌を2度読み返したが、どうも当時の時代状況が特殊で、ポランニー自身のスタンスが複雑である。どう解して良いかわからなかった。
    ポランニーはシンプルに言うと「市場」資本主義の発展を批判し、人間の「自由」を求めようという考え方だ。自由を阻む点では、全体主義と結びつかざるをえない共産主義も徹底的に批判される。
    そうした論旨はおおむね賛成できるが、どうも現在の世界の政治状況とは隔たった「古さ」があるため、政治に関する発言には物足りなさもないではなかった。

  • 332.01||Po

全2件中 1 - 2件を表示

カール・ポランニーの作品

ツイートする
×