増補 死者の救済史  (ちくま学芸文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480098993

作品紹介・あらすじ

未練を残しこの世を去った者に、日本人はどう向き合ってきたか。民衆宗教史の視点からその宗教観・死生観を問い直す。「靖国信仰の個人性」を増補。

著者プロフィール

1949年、長野県生まれ。東北大学大学院文学研究科宗教学専攻博士課程単位取得退学。宮城学院女子大学専任講師、弘前大学教授、筑波大学教授などを経て、現在は駒澤大学総合教育研究部教授。博士(文学)。専門は宗教学、とくに民俗・民衆宗教の宗教学的研究。おもな著書に、『悪霊と聖霊の舞台』(どうぶつ社)、『民間巫者信仰の研究』(未來社)、『近代日本の民衆キリスト教』(東北大学出版会)などがある。

「2019年 『増補 死者の救済史 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池上良正の作品

ツイートする
×