賤民とは何か (ちくま学芸文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480099341

作品紹介・あらすじ

非人、河原者、乞胸、奴婢、声聞師……。差別と被差別の根源的構造を歴史的に考察する賤民研究の決定版。「賤民概説」他六篇収録。解説 塩見鮮一郎

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架:361.86A/Ki12s//K

  • 賎民概説
    牛捨場馬捨場
    放免考
    旃陀羅考―日蓮聖人はエタの子なりという事
    濫僧考―河原者・坂の者・宿の者・非人法師
    濫僧考補遺
    特殊部落ということについて―まず部落としての集団的取扱いを廃せよ

    著者:喜田貞吉(1871-1939、徳島県、日本史)

  • 361.8||Ki

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1871年徳島生まれ。近代の歴史学者、文学博士。考古学、民俗学も取り入れ、学問研究を進めた。被差別部落研究の先駆者でもある。著書に『賤民とは何か』『被差別部落とは何か』『先住民と差別』等。1939年没。

「2019年 『被差別部落とは何か』 で使われていた紹介文から引用しています。」

喜田貞吉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×